• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • その42017/01/28 at 11:02 AM

    3

    横須賀市営公園墓地、期限後合祀型合葬墓への区画変更申し込みが行われたのが昨年の12月5日。先着だった為朝5時過ぎから並ばれた方が多数おり、ピーク時には2時間待ちという状況でした。2週間ほどで郵送されます、という案内の書類がお客様の手元に届いたのが暮れも押し迫った12月28日以降。すでに役所も休みに入っており問い合わせもできない状態での年越でした。やっと窓口が開いて手続きをしても改葬許可書が出始めたのが1月15日あたりから。書類も現場も書き方や内容が二転三転し、改葬申請書は二重線と訂正印で何が書いてあるやら。的を得ない返答にいらだったお客様も多かったのではないでしょうか。現在書類が揃った方からお骨出しと撤去工事を進めていますが、墓石の撤去後に追加でカロートの清掃を指示されました。聞いてみたところ既存のカロートはこのまま入れ替えせずに、返還墓所として平成30年に以前の抽選でキャンセル待ちになっている方へリリースするそうです。

     民間ではあり得ない事ですが『それが嫌なら申し込まなければ良いです』と担当の方はあっさり言ってました。御影製ならまだしも既設のコンクリートカロートで10年以上も使用していれば写真の通り汚れはもちろん耐久性にも疑問があります。予算が無いのはわかりますが、何体もお骨が安置されていたカロートを清掃のみで使いまわして、果たしてそれでも申し込む方がいるのでしょうか?

    03_img03

     佐原霊園の納骨堂『やすらぎ』は現在2つ目の総御影石製を販売しております。内部は棚に安置するタイプですのでお骨壺も泥だらけにならず清潔に保たれています。料金は市営よりも少し高くなりますがあなたならどちらを選びますか?合わせて手元供養セット http://store.shopping.yahoo.co.jp/temotokuyou/ も販売中です。お墓のスタイルは今、急速に変化しています。選択肢はたくさんありますので慌てずにまずは比較してみて下さい。

    12点セット