• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • どうして?・・・2017/02/11 at 12:40 PM

    DSC_8431

    横須賀市営公園墓地の期限後合祀型合葬墓への墓所変更に伴うお骨出し作業を連日行っています。昨日もあんなに午前中お天気良かったのに、いきなり午後から雪!今年は本当に外仕事はキツイですね。

     ところでお骨出しの際に立会いされる、芝生タイプの墓所をお持ちのお客様のほとんどがお墓の中のお骨壺を見てびっくりされます。『なんでこんなに汚れているの?』と。普通墓地と異なり、市営霊園の芝生タイプは写真の様に既設でコンクリートカロートが埋め込まれています。1寸ほど地上に出た状態で設置されており、納骨後コンクリートのフタをしてから拝石を載せるのですが、そもそもコンクリートですので隙間があります。フタの部分も密着しているように見えてわずかに凸凹があります。これら数ミリの隙間でも虫達にとっては立派な通路になります。四季を通して温度や湿度が一定のカロート内は絶好の住処になるんですね。長い年月の間に小さな虫達が活動した結果、骨壺はこんなに汚れてしまいます。結露によってお水も溜まりますので水抜きも必要です。もちろん現場で極力綺麗にしてからお引渡ししますが、一度ご自宅へお骨を持ち帰る方は大き目の風呂敷をご持参下さい。骨壺が2つ以上ある場合は更に段ボールなどがあると車に積みやすいですよ。ご参考まで。