• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • またしても・・・2014/07/14 at 5:22 PM

    北海道の小樽で女性4人がひき逃げされ、20代から30代の女性3人の方が亡くなりました。運転していた30代の男は『酒を飲んで運転し人をはねて逃走した』と認めているとの事。更に埼玉県では20代の川口市職員がバイクに乗っていた女性をはね、1キロ以上もひきずったまま逃走し逮捕されました。この男も『父親が経営している居酒屋で飲酒した』と。またしても…と思った方も多いのではないでしょうか?覚えていますか?2006年8月、福岡の海の中道大橋の事故を。飲酒運転の市職員に追突され、海に転落した被害者の車に乗っていた幼いお子さん3人が溺れて亡くなった事故です。あの事故の時にこんな悲惨な事故は絶対になくさなければ!と思った方がたくさんいたはずです。酒を飲んでの事故…飲まなければ間違いなく事故はおきなかったでしょう。体質でしょうがアルコールは飲めば程度の差こそあれ必ず酔います。そして判断や反応が鈍くなります。

    ※参考キリンホームページよりhttp://www.kirin.co.jp/csv/arp/fundamental/blood.html 

    この中に酩酊初期では『気が大きくなる』とありますが飲酒運転のまさにこれが原因ですよね。『これくらいなら大丈夫』『俺は運転が上手いから』そう思って運転したが為に取り返しのつかない事故を引き起こす。加害者は酔いが覚めて初めて自分の犯した罪の大きさに愕然としていることでしょう。しかし被害者の方の親やご家族にとってはどんなに謝られても一生許せない悪夢でしかありません。亡くなった被害者はもう2度と戻っては来ないのです。たった1度の事故で加害者はもちろん、加害者の家族も一生周囲の目から逃れて生活しなければならなくなります。わかっているはずなのになぜ事故は繰り返されるのでしょうか?どうして防げなかったのでしょうか?私も車は大好きで今や生活になくてはならない物のひとつですが、飲んで運転すれば車はただの『凶器』になります。仕事柄いろいろなケースで亡くなった方のご納骨をお手伝いさせていただきますが、こんな悲しいご納骨だけは今後絶対に無くして欲しいです!くれぐれも飲んだら運転しない様、今一度皆様にお願いいたしますとともに、亡くなられた方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。

    P9190001