• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • もしも・・・2016/01/16 at 4:53 PM

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    また悲惨な夜行バスの事故が起きてしまいました。今回はスキー旅行の大学生を乗せたバスであった為、多くの尊い学生の命が奪われました。運転手も亡くなっている為に原因調査には時間がかかりそうですが状況からして車体の不備等ではなく、居眠りか病気による人為的なものである事は間違い無さそうです。2012年の4月に東京ディズニーリゾートに向かう夜行バスが関越自動車道で防音壁に衝突して多数の死傷者を出した事故からわずか4年、またもや同様の、いえそれ以上の大惨事になってしまいました。休みを利用してのスキーやスノーボードのツアーは学生にとってそれは楽しみなものだったはずです。それが一瞬にして…

     なぜこの事故は起きたのでしょうか。既報ではバス会社はドライバーに健康診断を受けさせておらず事故の2日前に行政処分を科せられたばかりだったとあります。まず疑われるのは運転手の健康状態ですね。既往症が無かったのか、勤務状態による睡眠不足は大丈夫だったのか。そして本来であれば高速道路を利用するルートがなぜか一般道の碓氷峠を走行していた理由もわかっていません。これが行程表通り高速道路のルートを通っていればこの事故は起きなかったのではないでしょうか。決められた事柄に対してのほんの少しのズレ。それが1つ2つと重なった事によって取り返しのつかない事故を引き起こしました。もしもドライバーが健康診断を受けていたら…もしも正規のルートを運行していたら…やり直しができる事なら失敗も勉強になりますが、取り返しがつかない事態になる前に過去の教訓を学び、それを生かしていかなければこれからもこの様な事故はなくなりません。我が家の長男は今日センター試験を受けました。この後いくつか受ける予定の大学の中に、今回犠牲になられた学生さんがいました。もしかしたらその方達の後輩になっていたかもしれません。ご両親の気持ちを考えると胸が痛みます。心よりご冥福を祈ります。