• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • メディアミックス・・・2016/03/07 at 5:50 PM

     

    20160307-00055111-roupeiro-002-9-view

    今の日本を象徴する話題を見つけたのでご覧下さい。まずはツイッターで先日『保育園落ちた日本死ね』と題した内容があっという間に拡散しメディアでも取り上げられた結果、ついに国会で阿部首相が『匿名なので起こっていることを確認しようがない』と答えるに至った内容です。これに対して『♯保育園落ちたの私だ』と回答者が現れ、国会前でデモの様な活動が行われたというものです。

     面白いのはこのデモの様な活動が、特定の団体によって行われたのではなく、ネット上での趣旨に賛同した見ず知らずの方々が自発的に集まり行われた事ですね。一般にオフ会と呼ばれるネット(仮想空間)上でのつながりをオフ(オフライン=リア現実)で対面して行う事ですが、同種の趣味などでは盛んに行われている事が、この様な事例で行われたのはおそらく初めてではないかと思います。つまり当日集まった方はほとんどが初対面なのです。

     従って通常ならばどこかで集合して団体で行進してくるのに、時間になると四方八方から一人、二人となんとなく集まってきて、やがて20人程度の集団になったそうです。写真でもわかりますが、主催者側よりも取材者側の方が人数が多いくらいです。デモというかPR活動というか、その内容もほとんどの方が黙ってプラカードを国会議事堂に向けて黙って立っているだけで、シュプレヒコールがある訳でもなくリーダーもいない。はたから見れば説得力に欠ける集まりだったそうです。でもこれが今の日本人のスタイルになりつつあります。『匿名なので起こっていることを確認しようがない』と発言した阿部首相に対し、ちゃんとそう思っている人がいますよ、と証明しつつ一億総活躍社会と言っているんだから問題になっている内容に対応してくれとやんわり訴えています。そしてそれをメディアが取材しネットとTVの両面で拡散されていく。実は商売の世界で誰もがやりたがっている最も効果的なPR方法を、ツイッターやFBを使って素人がお金をかけずに成功させる時代になっている訳ですね。もちろん誰もが共感できるテーマでなければここまでにはならないでしょうが、こうしたケースはこれからもますます増えて行くでしょう。国や仕組みをより良い方向へ変えられるのであれば大歓迎ですね。

     

     

     

     

    •