• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • モノの価格とは・・・2014/07/13 at 1:57 PM

    123

    もうすぐ土用の丑の日ですね。何を隠そう私、ウナギ大好物です!ところが最近はウナギも高くなりました!3年前キロあたり3000円だった仕入れ価格はこの5月に6000円を超えています。当然小売価格は更に上がる訳で、今や私のような庶民にとっては高嶺の花ならぬ高値の花です(泣)原因は様々言われていますがとにかく稚魚のシラスウナギが獲れない。しかもいまだ生態が解明されておらず卵からの完全養殖ができないため、このシラスウナギを捕獲して養殖し成魚に育てているのが現状です。当然シラスウナギが獲れなければ価格が上がる訳ですね。ちなみにこのシラスウナギ、1キロあたりの取引価格っていくらだかご存じですか?なんと約250万円前後で取引されています!真冬の寒い中、河口で煌々とライトを点けてひたすら網ですくっている漁師さんを見かけた事があると思いますがそうやって獲った価格がこれです。

     ところでお墓を買おうと思うとこれまたお金がかかりますよね?御影石も現在の主流は地下から掘り出し、寸法に合わせて切断し、磨きをかけて製品化しています。(詳しくは当社HPのお墓づくりの流れをご覧ください)どんなモノでもそうですが我々はモノを買うとき、まずその価格が自分のモノサシで考えた時に高いか安いかで判断しますよね。次に考えるのは今必要なモノかどうか。お墓の場合はご不幸があってから購入される方がほとんどなので今必要な方がほとんどですが、いざとなって調べてみたらえらく高い!そこであれこれ調べて当社にお問い合わせいただくケースが多いようです。濱石では、自社工場生産にて製造直売ですから他社さんよりお安くご提供できる様に頑張っています!お墓をお探しの方は是非お気軽にお問合せ下さい。

    あ、ご安心ください!御影石はキロ250万円なんてしませんから!