• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 仕事・・・2014/08/01 at 5:53 PM

    yjimage

    ゼンショーが経営するすき家の労働環境の件、聞けば聞くほど驚きです。少し前にはワタミもブラック企業とたたかれましたね。飲食関係は昔から3K職場と言われますが今回のすき家の内容はあまりにもひどい…『1回転(24時間)以上の勤務が無いようにして欲しい』『居眠り運転で交通事故を 3 回起こした。人が取れず金曜から月曜は回転になる』『年末親に会い20kg 痩せ見てられない、辞めてくれと頼まれた』等々、労働基準法を知っているのか疑問に思うひどい有様です。命と引き換えの仕事ではいくら時給をあげても人が集まる訳がありません。

     一方で、全員がニート出身の会社が週休4日で月15万円を目指した働き方を提案しているそうですがこれ、着眼点が面白いですよね。果たして景気が上向きになっているのかは定かではありませんがこれだけ少子化で若い世代の働き手がいなくなってきている今、企業も人手不足対策は深刻です。今までの様なアルバイト、契約社員、正社員の3つのくくりだけでやり繰りできる時代は終わるでしょう。実際佐川急便は1万人の主婦パートを採用し家事の合間に自宅周辺への配送業務をお願いする案を発表しました。ユニクロは地域限定社員を16000人、日本郵政は新一般職をすでに5000人弱採用しておりすでにあちこちで新たな試みが動き出しています。企業にとってはボーナスや健康保険加入など支払う経費も増えますが、確実に働き手が減る将来に備えて今のうちに人材を確保しておかなければ自分の首を絞める事になります。先見の明のある企業は待ったなしで本腰を入れているのですね。ある意味安倍内閣の言う『多様化』にすぐ様対応しているとも言えるのではないでしょうか。数年後この業務形態が定着していると良いですね。

     すき家の話に戻りますが、個人的には牛丼チェーンでは一番よく行くお店です。味もおいしいし価格も安い。新メニューの開発にも積極的でお気に入りでしたが今回の報道で心底ガッカリしました。会社が潰れてしまっては従業員が路頭に迷う事になりますから確かに生産性をあげて利益を出す事も必要ですが、今後は従業員誰もが自分の会社を心から自慢できる、周りの人がうらやむ様な会社づくりと変わらぬ味、価格を両立してくれる事を期待します。

    (イラストはネット上からお借りしました)