• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 地震・・・2014/11/24 at 5:38 PM

    yjimage (6)

    長野で大きな地震がありましたね。糸魚川―静岡構造線断層帯の一部である神城断層での地震だそうですが震源も地下5キロと浅くマグニチュード6.7は大きいですよね。画像で見ましたがかなりの家が倒壊していました。そしてもっとひどかったのがお墓です。この画像の上部は墓地ですが全てのお墓が完全に倒壊しています。画像から見たこの地域はおそらくかなり古くからの町で建物やお墓も建てられたのは相当前だと思います。それにしてもここまでとは、いかに大きな地震だったかがわかりますね。地震国日本ではいつ、どこで地震が起きても不思議ではありません。我々が住む住宅はもちろんですがお墓も様々な対策が取られています。

     地震対策としてよく聞く言葉で耐震、免震、制震などがありますが、これってどのように違うかご存じですか?住宅を例にして説明しますと、耐震とは簡単に言えば真っ向勝負!地震でも壊れない頑丈な構造の事を言います。ただしこの場合揺れはダイレクトに伝わりますから家の中は足の踏み場もない状態になります。これに対して免震の場合は土台と上物をきっちり分けて作り、その間にベアリングなどを入れて揺れを伝えない方法です。もっとも家財道具などに被害が出にくい工法です。そして制震は筋交い型のツールなどを使って揺れを吸収軽減するやり方です。この様に大きく3つの方法がありますが、お墓の場合実際に施工できるのは耐震のみとなります。従って現在では一度くっつけたら2度と剥がれない超強力ボンドなどを使って組み立てるのですがこれとて今回の様に大きな地震では、外柵ごとひっくり返るかもしれません。自分は平気だったのに隣が倒れてきて巻き込まれる事も…住宅と違って保険がほとんどありませんので天災の場合はどうにもしようがありませんが、決して安い買い物ではありませんのでそれなりに考えますよね。一番は地震が起きなければ良いのですがこれも無理な話…実は石屋にとって地震は天敵なんです。次回はそのあたりをご説明しますね。