• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 心の余裕・・・2016/01/24 at 4:58 PM

    1

    タレントの風見しんごさんの長女、えみるちゃんが交通事故で亡くなってから9年になります。元気でいれば今年の成人式に出席していたはずです。メディアでも大きく報道されましたので皆さん覚えているのではないでしょうか。あの朝、えみるちゃんはいつも通りに元気に家を出ました。そして自宅からわずか数分の横断歩道で青信号に従い渡っている途中でトラックにはねられたのです。直後に現場に駆けつけたしんごさんご本人は、その時の光景が今も忘れられないと言っています。さっきまで元気だった愛娘の変わり果てた姿に言葉も出なかった事でしょう。しかもえみるちゃんには一切の過失もなく、青信号の横断歩道上での悲劇とあれば、親として怒りと悲しみのやり場にさぞや悩んだ事でしょう。しんごさんは以降、積極的に事故防止のCMや講演会などに参加しています。著書『えみるの赤いランドセル』にも想いが切々と書かれています。その気持ちは痛いほどよくわかりますよね。

     毎日車で通勤している私も運転にはかなり気を付けています。実際に1年間の間に2回、前車の事故を目撃し、事故直後のケースも数回見ていますが、最近思うのは譲ってくれる車がめっきり減った事です。大きな通りであればあるほど、昔は数台待てば譲ってもらえたのに、最近では後ろに延々と渋滞の列ができていても誰も譲ってくれませんよね。そして先日起きた前車の事故では、車間距離を取っていたが為にムリに割り込んできた車との接触事故でした。ある程度車が連なって走っていたので、割り込んできた車もかなり待たされていたとは思いますが、どちらの事故も、双方もう少し心にゆとりがあってちょっと譲ってあげれば防げた事故ではないかと思います。

     しんごさんも言っています。『今でも『ただいま』と帰ってくる気がします。交通事故は数多くの深い悲しみをうむ。誰もが加害者にも被害者にもなる。アクセルを踏む前に、えみるのことを少しでも思い出してもらえれば』と。厳寒のこの時期、せめて心の中だけでも温かく、余裕を持って安全運転を心がけたいですね。