• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 恵方巻・・・2015/01/12 at 4:59 PM

    yjimage

    1年の最初のイベントであるお正月も明けて、1月もこのくらいの時期になると次の年間イベントは立春にむけての節分=豆撒きですね。ところがここ数年、ちまたでは節分のイベントは豆撒きよりも恵方巻の方がメジャーになってきていませんか?私は生まれも育ちも湘南ですが小さい頃は節分には盛大に豆撒きをしていました。『鬼は外!福は内!』の掛け声は定番ですよね。撒いた豆を歳の数だけ食べると無病息災と言われましたが…

     恵方巻という言葉自体を知ったのも最近の様な気がします。おそらく関東地方では節分と言えばどこも豆撒きの習慣の方がピンと来るのではないでしょうか。それがいつの頃からか恵方巻を食べる方がメジャーになりつつあります。ウィキペディアなどで見ると、主に関西では節分の夜に太巻き(巻き寿司)をその年の恵方に向かって無言で願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)するのが習わしとされているそうですが、調査では関西の方が半数以上恵方巻を食べるのに対して関東の方はいまだ半数以下とか。しかも丸かぶり寿司などと呼ばれていた商品名を恵方巻として広めたのはセブンイレブンみたいですね。今や売上高では百貨店をあっさり抜き去るほどのコンビニですからこういった飲食関連の仕掛けはお手の物でしょう。後数年もすれば豆撒き自体がなくなるかもしれないですね。現代風に解釈すれば無病息災よりも恵方に向かって心の中で『宝クジがあたりますように!』なんでしょうか!?