• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 故意なのか、事故なのか・・・2014/07/05 at 5:08 PM

    1

     

    早朝からワールドカップサッカー観戦で寝不足の方も多いのでは?ブラジルvsコロンビア戦は開催国ブラジルが勝ったものの、ネイマールが負傷退場となりました。そのケガや状況は刻々と報告更新され、残念ながらネイマールは腰椎骨折で以降のゲームには参加できないとの衝撃的な発表がありました。ケガをさせたコロンビアのスニガは『故意ではなかった』『彼はブラジルにとっても世界にとっても素晴らしい選手。重傷でない事を祈る』とコメントしています。故意に狙ったのか、それとも事故か・・・前者とは思いたくありませんが、今はネイマールの1日も早い回復を祈りましょう。

     実はお墓でも、この故意なのか、事故なのかというケースが多々あります。とはいえ、長くこの業界にいる私でも故意で見たことがあるのはたった1度だけですが・・・おっと、お墓の何の話かを説明していませんでしたね!これは主にお墓の部材の中でも固定していない花立や水鉢、香炉の『欠け』の話です。皆さんのお墓のこれらの部材欠けていませんか?

    前

     

    ちょっとわかりにくいですが、こういったケースです。お掃除の際に、お水を流した後滑りやすい状態で『カツン!』とぶつけて・・・いわゆる事故ですね。ぶつけようと思ってやったわけではありませんが、いくら固い花崗岩であってもこういった角どうしがぶつかればどちらかが欠けてしまいます。でもって意外にぶつけた時には気がつかなくて、次回お参りに来た際に気が付くと『誰かにやられた・・・』『この前はこんな欠けはなかった・・・』と管理事務所に駆け込んで来られます。上記の様な事情を説明して見てもらいますが、なかなか納得していただけないのが現実です(泣)部位を見れば過去のケースから状況が想像できるのですが・・・ま、その時に気が付かないとお客様もなんとなく腑に落ちないのはわかりますが。ちなみにほとんどのお墓では、規約に『お墓のお掃除、お花の上げ下げはお客様の責任で・・・』と記載してありますが、これには管理者側がこういった事故を起こさない為との理由もあるようです。ちなみに欠けてしまったらそっくり交換するしか手がありませんがそれなりのお値段が・・・なので佐原霊園では見た目はあまり気にしない方限定で、時々石材用ボンドで補修してあげています。え?いくらかって?故意ではなかった、と素直に認めて下さるなら・・・無料でやりますよ!