• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 有無・・・2016/01/09 at 5:25 PM

    IMG_1273

    アメリカはニューヨークでの話ですが、お店で提供する寿司を握る際には、ゴムやプラスチック製の手袋着用を義務付けているそうです。これにクレームがついたそうです。曰く衛生的な効果がどれほどあるのか?日本の伝統料理を作る工程が味気なく壊されるなど、手袋装着の是非が問われているそうです。確かに酢水には殺菌効果もあり、常に手を洗いながら握る寿司にそこまで過敏にならなくても…と言う気はしますよね。

     日本ではおなじみの回転寿司では、今や手袋はもちろん厳しい服装規定もあり髪の毛1本すら混入しないよう厳密に管理されています。製造工程でも極力ロボットによる自動化がなされており、よほどの高級店でなければ素手で握る事はないようです。それほど神経質にならなくても良さそうな気もしますが、今日のニュースでは滋賀県でお正月に宅配寿司を食べた88人がノロウイルスによる食中毒を起こしていたとありましたので、やはり無いよりはあった方が良いのでしょうか。

     ところでお墓の部材ですが、洋型の墓石では近年水鉢が省略されるケースが増えています。水鉢があると香炉が出っ張ってしまい物を置きたい方には不評です。置きたい物も故人が使用していた湯呑やカップなどが多いので、言ってみれば2つも必要ない訳ですね。こちらはあるより無い方が使い勝手が良いケースですね。部材ではありませんが家紋の代わりにイラストを入れる方も増えています。現代では全く使われなくなってしまった家紋を入れるよりもお気に入りのイラストを…これも今の時代の象徴でしょうか。お墓のスタイルもここ数年どんどん変わっています。これからお墓を購入しようとお考えの方は、是非一度佐原霊園にご見学にお越しください。様々なタイプのお墓をご用意してお待ちしております。