• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 朱文字・・・2014/11/20 at 5:44 PM

    444

    お墓参りに行かれた事がある方は見かけた事があるのではないでしょうか?お墓を建てた方のお名前の部分や戒名の一部が朱文字になっているのを。横須賀市営公園墓地でもよく見かけますね。言われはいろいろありますが、有力なのは昔、生前戒名を授与された方々がその一部を朱文字にしていた事から広まったという説です。最近では宗旨・宗派にこだわらない方が増えられ、そもそも戒名を付けない方が半数近くになりました。そこで戒名部分以外で朱文字にできるところ=建立者名を朱に塗る様になったようです。佐原霊園では既存のお墓の約3割が朱文字ですが、納骨堂『やすらぎ』に限って見るとなんと完全に半々です。ここ数年でお墓に対しての考え方も急速に変わってきていますが、朱文字が多い=生前のご契約ですから半数の方々はご自分がお元気なうちに終の棲家をお決めになっている訳です。これにはいくつかの理由がありますが、最も多いのがお子さんやお孫さんになるべく後々の金銭的な負担をかけたくないという親心ですね。一般的なお墓の場合は購入後も年間管理料がかかりますが納骨堂『やすらぎ』はご契約時に管理費も含めて一括していただきますので継承される方への金銭的負担がありません。さらに13回忌や33回忌が終われば地下に散骨いたしますので無縁仏になってしまう心配やお墓の撤去費用もかかりません。日本では昔から仏事は事が起きてから…と言われてきましたが、もはやお墓も生前に準備するのが当たり前になっています。横須賀エリアで公園墓地の納骨堂をお探しでしたら是非佐原霊園の『やすらぎ』を一度ご見学下さい。