• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 絆・・・2015/04/25 at 11:37 AM

    DSC_5590

    お墓を建立する際に、正面文字をどうするか悩んだ経験はありますか?一昔前なら『○○家之墓』が当たり前でしたが、最近では無宗教の方や、少子化により跡取りのいない方が増えられ、お墓の形状も和型から洋型へシフトしています。それに合わせて正面文字は『絆』『和』など直接家名と関係無いものが増えています。これらの文字を選ばれる方は文字に何かをかけて解釈するケースが多いのですが、例えば『絆』の場合は家族や親戚、友人との絆やつながりなどをイメージして選ばれる様です。核家族化が進む我が国ですが、やはり人間一人で生きていくのは寂しいですよね。家族や友人などの小さな輪であってもたわいのない会話やお互いを見据えながら話す中に、小さな絆を感じられるつながりは欲しいものです。そんな気持ちがこの文字を選ばせるのでしょうか。

      先日読んだある記事では、オキシトシンという、主に母親と赤ちゃんとの間で母乳の分泌を促すホルモンが犬と人間の間でもアイコンタクトや触れ合いにより多く分泌される事がわかったそうです。このホルモンの分泌量が異種間で変化する事は初めて確認されたそうで、日本の医学チームが米科学雑誌に発表したそうです。犬好きの私としては『やっぱりな!』と思いましたが皆さんどう思いますか?人間の場合、親子でも父親より母親と子供の方がなんとなく絆が深い気がしており、普段仕事から帰ると犬に愛情を注ぎまくっていた私ですが、どうやらこれは科学的に正しかった事が証明されたようです(笑)私以外にもこれを読んで納得したお父さん、ほかにもいらっしゃるのでは…?!