• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 要、不要・・・2015/05/16 at 5:06 PM

    image

    ソフトバンクの孫社長が後継者に47歳のインド人を指名した事が話題になっています。『30年後時価総額200兆円、世界トップ10に入る会社にする』という大きな目標達成の為に選択した答えだそうです。ソフトバンクは会社概要にもありますが坂本龍馬率いる海援隊のように将来を見据えて世界の人々が感嘆するような仕事をしたい、という思いから海援隊の旗印をモチーフにしたシンボルマークを掲げています。『旧態依然とした古い日本の藩政の枠に縛られず自由な発想と大胆な実行力で日本を近代国家に導いた』海援隊は、コンピューターソフトの開発会社から今の通信インフラ関係全般に携わる大きな会社になった現代のソフトバンクを語るにはピッタリですね。

     昨今のお墓事情もある意味同じです。『枠に縛られず自由な発想と大胆な実行力』これ通じていませんか?数十年前からにわかに目立ち始めたいわゆる『洋型』のお墓は既存の和型の概念を覆しました。『○○家之墓』と入れる正面文字はお好きな文字やイラストになり、戒名無しの俗名で墓誌に彫刻する。しばらくこれが主流になるだろうと思われましたが、わずか数年で今度はお墓のマンションである『納骨堂』が主流に…同時に納骨時や回忌法要にご住職を呼ばない葬家も増えました。佐原霊園ではすでにご家族やご親戚のみでのご納骨が半分以上になっています。これをどう解釈するのか。Wikipediaで日本の宗教を検索すると、日本人が「何らかの信仰・信心を持っている、あるいは信じている」人は今やわずか2割から3割だそうです。ここ数十年で日本人は一気に宗教から離れました。理由は様々でしょうが、最初に書いた海援隊のメンバーはそれぞれが『高度な情報と知識』を持っていたそうです。それゆえに『自由な発想と大胆な実行力』を発揮できたのでしょう。現代の日本の世代は昔と違って『みんなと同じように』ではなくなってきましたね。ネットを使って仏事の際に本当にお経が必要なのかどうか、お布施の金額が妥当なのかどうか要、不要の判断を納得するまで調べます。そして最後に管理事務所に聞くんですね(笑)そんな時私はこう言います。最近、テレビではお坊さんバラエティ『ぶっちゃけ寺』という番組を放送していますよ。もしまだご覧になっていなければ、是非一度ご覧になり、それも含めてご自身で判断してくださいと。さて、あなたならどう判断しますか?