• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 語呂合わせ・・・2014/11/22 at 5:34 PM

    top-1-480x168

    少し前に兵庫県のある病院行きのバスのナンバーが不吉であると話題になったそうです。全22台のうち13台が『42・・』というナンバーだったそうで運行開始直後から市役所やバス会社に『不吉だ』と苦情が相次いだそうです。そこで特に不評だった4269(死に向く)、4251(死に来い)、4250(死にごろ)などと読める3台の番号を変更したそうですが、これもバスが病院行きだったから尚更話題になったのでしょうがやはり皆さん語呂合わせなどは気にしますか?

     お墓に関連してならばたいていの霊園では区画番号で『4』と『9』の番号が抜かされているのを見かけます。佐原霊園でも『4番』は抜かしています。最も書類上の問題であってどちらかの端から数えれば必ず4番目は存在する訳ですし、現状4番目の区画は全てご契約済みです。もちろんそれらの方々が特別早く亡くなっているなどという事実もありません。横須賀市の市営霊園では飛び番号はありませんし、日本の公営霊園などでは普通に番号順だと思います。それでも語呂合わせに関しては気にされる方はとても気になるのでしょうね。ちなみに佐原霊園の納骨堂『やすらぎ』ではご契約番号はアルファベットと数字の組み合わせになっております。どうしても語呂合わせを気にされるお客様は納骨堂『やすらぎ』へどうぞお越し下さい。