• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 賛成と反対・・・2015/01/23 at 5:12 PM

    産経新聞の記事からです。埼玉県警の50代の男性警察官が、容疑者の男の逃走を阻止しようとした際に高級腕時計が壊れたとして修理費約70万円とけがの慰謝料など計約360万円の損害賠償を求め、男を相手取りさいたま地裁に民事訴訟を起こしていることが22日分かった。訴状などによると男性警察官は平成25年11月、埼玉県蓮田市内で公然わいせつ事件の張り込み捜査中に、女子高生に下半身を見せた男を発見し追跡。車で逃げようとしたためワイパーをつかみ阻止した。その際数十メートルにわたり引きずられ、手や膝にけがを負いロレックスの腕時計が壊れた。男は公務執行妨害の疑いで逮捕され傷害罪で略式起訴。男性警察官は『けがの痕が残り精神的ダメージを受けた』として慰謝料250万円、時計の修理代73万6560円など計357万1330円の損害賠償を求めているそうです。 男の代理人は準備書面などで『張り込み捜査では容疑者と身体的接触を伴うトラブルが想定されていた』として男性警察官が高級腕時計を身に着けていたことを批判。慰謝料についても『けがのリスクを承知して職務を行っている警察官は一般の人に比べて精神的ダメージも少なくもっと低額になるべきだ』としている。一方、男性警察官の代理人は『警察官だからといって一般の人と異なる点はない。請求額も正当だと考える』とコメントしているそうです。

     いやー実に興味深い記事ではないですか!?私はこれを読んで真っ先に『この警察官はこちかめに登場する中川さんに間違いない!』と思いました(笑)私見ですが冗談抜きでこの手の訴訟大歓迎です。悪い事したら高くつくって事を思い知ってもらわないと犯罪なんて減りません。記事でしかわかりませんが逃走しようとした車に飛び乗っている警察官を振り落とそうとした訳ですから一歩間違えればこの警察官がひかれていたかもしれません。警察官だからって命は同じであって軽んじる事はありませんし、むしろ危険な職業な訳ですから手当を厚くしても良いくらいだと思います。昔と違って日本でも凶悪な犯罪、多くなりましたよね。これを取り締まる警察官の方々はまさに命がけです。そんな警察官の方々にはこの手の訴訟、是非どんどん起こして欲しいです。だって犯罪をおかさなければ起きない訴訟ですから。

     一方で相変わらず熱心にやってるネズミ取り。事故防止の為という名目ですが、速度制限が50キロから40キロに変わった直後の道路でやってるアレはどう考えても未然に防止する目的ではなく、切符を切って反則金を納めさせるノルマ達成だけの為ですよね。一方通行を少し入ったところでやってる取り締まり。入る前に警告すれば良いのにわざわざ少し入ったところで声をかけてくる。これらの姑息な取り締まりには断固反対です。前者は犯罪と自覚しての行為。後者はうっかりや気が付かなかった場合。後者のケースに遭遇すると『警察になんて今後絶対協力してやらないからな!』と思わせるだけだと思いますが。

    yjimage