• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 造花・・・2014/08/21 at 5:43 PM

    DSC_4151

    最近お参りに来られるお客様からよく尋ねられます。『盛夏の間はお供えするお花は造花じゃダメかしら…』と。よくお参りに行かれる方ならご存知のとおり、盛夏の墓石は素手では触れないくらい熱くなります。特に黒系の御影石は目玉焼きが焼けるほど!当然ステンレスの花筒も熱くなり、午後には中のお水の温度もお風呂と同じくらいまで…当管理事務所で販売しているお花は生花店で仕入れていますがお花屋さんでは冷蔵ケースで保管している生花を仏花として包装、販売していますのでその温度差たるや凄いものです。正直1日と持ちません。そんな過酷な状況でお花も頑張っていますが昔の様に毎日お墓参りを欠かさない、なんて事は現代では不可能です。

     あくまで個人的な意見ですがご自宅のお仏壇は生花を使うとしても、お墓へのお花はこの時期造花でも良いのではないでしょうか。本来お墓のお花の上げ下げはお客様が行うものとして使用規則などには記載されていますが、佐原霊園では枯れたお花を下げております。理由は見た目もさる事ながら腐ったお花筒からの強烈な匂いと汚れなどです。お墓の中のご先祖様だってそんな状況のまま置いておかれるなら、造花であっても綺麗に飾って清潔に保たれている方が喜ばれるのではないでしょうか。是非皆様のご意見も広くお聞かせいただきたいです。