• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 3.11・・・2017/03/11 at 1:38 PM

    1

    もう6年経ちますね。相変わらず余震と思われる揺れは続いていますし、復興もまだまだです。ここに来て福島第一原発の核燃料取り出しが非常に困難である事や、放射能がいまだに強烈である事も報道されています。我々の電気料金に上乗せされる関連処理費用も一体いつまで続くのでしょうか。

     今朝のFMにご近所のお寺のご住職が出ておられました。お話の中で今日も鎌倉の鶴岡八幡宮で行われる追悼祈願祭のお話がありました。翌年から毎年行われていますが、宗教の枠を超えて教会や寺社が集い被災地に祈りをはせます。日本では様々な宗教が一堂に集って行われた事はこれが初めてで、ある意味貴重なシーンを見る事ができます。八幡宮での祈りが終わると由比ヶ浜まで移動し海でも祈りますが、その中で教会の神父さんは海に向かって『この海を汚してしまって申し訳ありません』と懺悔するそうです。我々人間が作り出したものの、いまだに処理できない核汚染。このツケは子供や孫の代まで延々と続きます。亡くなった方への祈りはもちろんですが、今生きている我々は孫子の代に詫びなくてはならないのだと改めて思い知らされますね。

     いまだに原発は稼働しています。南海トラフに絡む大地震の発生確率は年々上がっています。このままで良いのか、3月11日が来るたびに考えさせられます。もうすぐあの時刻です。黙祷しましょう。