• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 古き良き・・・2015/07/30 at 6:00 PM

    yjimage

    日本人宇宙飛行士の油井さんを乗せたロシアの宇宙船ソユーズの打ち上げが先日無事に成功し、国際宇宙ステーションとのドッキングも完了しました。TVで中継映像をご覧になった方も多いかと思いますが、やはりアクシデントが起きないかドキドキしますよね。アメリカのスペースシャトル、チャレンジャーやコロンビアの事故の記憶が鮮明に脳裏に焼き付いているので猶更です。精密機器の塊とも言える宇宙船や打ち上げロケット、使われているパーツ類は小さなビス1本でも高精度が要求されます。日本の町工場で製作された部品も採用されていますが、数ミリのズレや目に見えない傷が大きな事故につながるのですから大変な加工技術を要します。素材や形状、重さなど気の遠くなるような回数の試験やチェックをクリアして採用された部品でも、それらを組み合わせた結果不具合が出るケースもあるそうです。より軽く、より耐久性のあるパーツを開発、製造するには想像以上の苦労があるのでしょうね。

     ところでソユーズは初代が開発されてから40年以上たった今でも、その構造をほとんど変えずに現在に至っています。理由は『替える必要がないから』だそうです。つまり実際に宇宙を往復する性能が確認できたシステムであるなら、あえてリスクをおかしてまで新しいものに交換する必要がないとの理屈です。確かに古いシステムでも構造が簡単であれば部品交換や修理が必要になっても対応しやすいでしょうし、開発コストをおさえる事にもなります。打ち上げには莫大な予算が必要な為、コスパに優れた古い部品を大事に使うエコなスタイルは今の時代に合っているのかもしれませんね。

     仏事に関しても最近では全てにおいて規模の縮小が主流になっています。派手から地味へ、予算も抑えて身内だけでが当たり前になりました。佐原霊園でも将来、お子さんへの費用負担無くお使いいただける納骨堂や手元供養をおすすめしています。特に無宗教の方は是非一度ご見学下さい。きっと参考になると思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 趣味・・・2015/07/26 at 5:07 PM

    img_4b11f73b521ce4b1d8e74f87abb9103a244848

    まずは写真を見て下さい。サメです。人物との比較でいかに大きなサメであるかわかるかと思います。これは19日に南アフリカのポートエリザベスで行われていたサーフィンの世界選手権でのシーンです。オーストラリアのプロサーファーが波を待っているところに突如あらわれ襲ってきたそうですが、幸いにもボードと足をつなぐリーシュコードと呼ばれるヒモに噛みつき、絡まったところをこのサーファーが蹴りやパンチで対抗し、駆けつけたレスキューによって救助されたため奇跡的に無傷だったそうです。超ラッキーとしか言いようがありませんね!

     自然相手のスポーツでは何が起きるかわかりません。特に海の中ではサメをはじめとする彼らの方が本来の生息域であり、身のこなしも格段に素早く今回の様なケースでは人間はまず助かりません。自然界での生物ピラミッドの頂点にいる人間ですが、それはあくまで道具を使いこなしての事。素手でサメと戦って勝てるわけがありませんよね。最も人間にとってのサーフィンはあくまで趣味であって、サメのハンティングは生きるためのもの。私もサーフィン好きですが、命をかけてまでは…あ、湘南エリアでは人間が襲われるほどのサメはまずいないので大丈夫ですね!

     

     

     

     

  • 裏腹・・・2015/07/25 at 5:22 PM

    yjimage

    今やどこの家庭でもパソコンやスマホが1台はありますよね。そしてネット上でお買い物や決済、振込みなどを普通にされていると思います。営業時間はもちろん、定休日や在庫数なども記載されていますので、目的の商品を自分の空いている時間にゆっくり探して注文できますし、価格も複数のサイトで即比較できますから便利このうえないですね。一方でセキュリティーに関しては連日の様に様々な警告が出ています。最近では銀行のトップページそっくりの画面に誘導して、ログイン画面からパスワードを盗み取る様な悪質なものもあります。

     中でも驚いたのが今日のニュースで出ていましたが、自動車に搭載されている無線通信ソフトをハッキングしてラジコンカーなみに意のままに操る事ができたそうです。フィアット・クライスラーが実に140万台ものリコールを発表しました。ご存知の様にクルマの世界も今やコンピューター制御が当たり前になりました。燃費競争もあって車載コンピューターは燃料をギリギリまで絞る様にセッテイングされ、秒単位で電圧までも制御されています。日進月歩のナビシステムはネットとリンクし、自車位置を正確に表示するだけでなく、その周辺のコンビニやスタンドなど様々な情報をリアルに更新してくれます。とても便利な反面、ネットの世界に繋がるという事はハッキングされる危険も増える訳で、今回の件はまさに映画の中の出来事の様に、実車を自在に操る事が可能だという事を公に証明してみせた訳です。人間が作れるシステムは、悪意を持った人間に操作されると脅威になります。テロ組織などに使用される前に全て修正されると良いのですが…快適で便利になるのはありがたい事ですが、裏腹に余計な心配が増えるのも困りますね。

     

     

     

     

  • 造花・・・2015/07/23 at 5:49 PM

    1437381505770

    佐原霊園では暑い時季を迎えて造花の販売を始めました。お墓参りによく行かれる方ほどご存知のとおり、この時期お墓のお花は1日と持ちません。猛暑で花筒の中のお水はお湯になっていますし、そもそもお花屋さんで管理されている切り花は冷蔵庫に入れられています。それを花束にして常温で販売し、カンカン照りのお墓に入れられる訳ですから日持ちする訳がありません。更に花筒の中のお水はすぐに腐り、とても嫌な匂いを放ちます。本来お墓にお供えしてあるお花の上げ下げはお客様がするものですから管理事務所も触らないのが一般的ですが、佐原霊園ではあえて毎日夕方に枯れたお花を下げています。小さな霊園だからできる事ですが、パリパリになった枯れ花に、あの腐ったお水をそのままでは仏様も気の毒です。でもお客様も毎日は来れませんよね。そこで花下げを代行している訳です。

     実はそんな作業をしていて、数年前からお墓に造花を供える方が増えたのに気が付きました。聞いてみるとやはり皆さん夏場はお花が持たないので造花に替えていると。調べてみたら最近では造花も生花に負けないほど素材や種類も本格的になっており実に様々なものがあります。気になっていた『お墓やお仏壇に造花はいけない』という言われも調べてみましたがこれも明確な答えはありませんでした。であれば暑い時季こそお墓を綺麗に飾れる造花を飾ってみてはいかがでしょうか。炎天下、殺風景なお墓では仏様もただ暑いだけで寂しいですよね。目にも鮮やかな造花が供えてあると遠目からもとても綺麗です。もちろん生花もお供えできるように花筒を2セット用意しております。詳しくは管理事務所までお問合せ下さい。

     

     

     

     

     

     

  • 失言・・・2015/07/19 at 5:05 PM

    a9ae4913-s 

    やっちゃいましたね。森元首相。2020年開催の東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム『新国立競技場』建設問題について、安倍総理の『白紙に戻す』発言を受け、2500億円を『たった…』と発言しました。しかも今まで東京五輪組織委員会の会長として音頭を取ってきたのに『生ガキみたいなあのスタイルは嫌い』とまで。過去にも様々な問題発言で脚光を浴びてきた方だけに皆さんも『またかよ!』と思われたのではないでしょうか。中でも印象に残っているのは、オリンピックフィギアスケート浅田真央選手が転倒した際の『あの子大事な時には必ず転ぶんだよな』発言でしょう。この時は私も『森さん、あの子ってどんだけ真央ちゃんと仲良しなのよ!?』とさすがにTVに向かって叫んでしまいましたが…ラグビーをはじめスポーツ好きで有名ですが、政治家には珍しく体育会系出身だからかその失言数たるや相当なものです。

     問題のスタジアム建設費についてですが、その『たった2500億円』とはいったいどれだけの金額なんでしょうか。私の様な貧乏人には宝くじが7億円とかロトが8億円の1等当選金額であるのぐらいは知っていますが、4ケタの億円など想像もできません。調べてみると今や新名所として国内外にも知れわたったあのスカイツリーの建造費が650億円だそうですから、3本建ててもまだお釣りが来ますね!これだけの金額を主に税金から出してなお『たった』と言えるのですから政治家の方はさぞや裕福な生活をされているのでしょう。日本の国家予算なんてほとんどが国債発行による借金であるのを理解しているのでしょうか。このスタジアムにしても、もし民間企業が運営するのなら五輪開催以降のコンサートやスポーツでの収益シュミレーションで黒字化の見込みがあればこそ、GOを出せる案件のはずです。『東京五輪のレガシーとして残そうというのが我々スポーツ愛好家の考え方』と言われたそうですが、子供達の時代に借金のレガシーとして残らない事を祈るばかりです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 家制度・・・2015/07/18 at 5:51 PM

    12点セット

    結婚されている方は、連れ合いの方をどのように呼んでいますか?女性からだと『ご主人、亭主、旦那、うちの人』などが多いのでしょうか。男性からだと『嫁、妻、女房、かみさん、うちのやつ』ですかね!?昔から事あるごとに議論される話題のひとつですが、最も多い男性の呼び名である『主人』とは、その家のぬしであり、昔は使用人が雇い主を呼ぶ主従関係の呼び方だったそうです。対して女性の『嫁』の場合は、男性の元に嫁ぎ、婚家の跡取りを産み、その家の為に働く女性に対する呼称だそうです。とすれば、現代ではすでに死語ですよね。『主人』なんて余程のお金持ちでなければ使用人を雇っているお宅などそうそうありませんし、使い方としてそもそも奥様が使う言葉ではありません。『嫁』にしても、下手すればこれセクハラですよね!?この少子化の時代、こんな定義でものを言われたらたまりません。きっとこれを読んだ女性の大多数はそう思われるのではないでしょうか。共働きが当たり前の現代、我が家なんてむしろ奥様が大黒柱ですから!?

     この様に夫婦の呼び方が変わってきたのも、実は昔からの『家』制度が薄れてきた事と関係があるようです。昔の結婚は言ってみれば旦那様とではなく、『旦那様の家』と結婚する事を意味していました。例え新婚当初は夫婦のみの生活であっても両親が老いれば面倒を見るのは当然。それが女性も働く様になって大きく変わりました。お墓もそうですね。その家の象徴であったものが夫婦の、または個人のお墓になってきています。正面文字は〇〇家之墓、からお好きな文字へ。戸建てから納骨堂へ。そしてこれからは手元供養の時代になるのでしょうね。自宅でご供養する『手元供養セット』ご興味のある方はYahoo!ショッピングhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/temotokuyou/こちらを是非ご覧下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 引き際・・・2015/07/16 at 5:13 PM

    1437009670237

    台風11号が上陸しそうですね。あちこち警報、注意報のオンパレードですが皆さんのところは大丈夫でしょうか。今夜から明日にかけて雨、風が強まりそうですが大きな被害がない事を祈ります。こんな状況ですが私は早朝波乗りに行ってきました。今回の台風の位置からだと写真の様に鎌倉は過去と比較してそれほど大きな波ではありません。とは言え30分に1回くらいは2メーター以上の大きなセットが入ってきますので油断はできませんが、十分に大きな波を楽しめました。波乗りに限らず、自然を相手にするスポーツは2つとして同じ状況がありませんので、その時々のシーンに対応できる体力や経験が必要です。自分自身で判断し、かつ安全に楽しめなければ事故につながります。事故になれば必ず『無謀な…』とか『台風なのに…』と書かれ、あれこれ言われますからね。自分の技量を見極め、自己責任で行うスポーツはたくさんありますが、難しいのは引き際。あきらめなければならない状況の時、引く勇気を持つことが大事です。

     車の運転もそうではないでしょうか。昨今の高齢化社会、年輩のドライバーの方も多くいらっしゃいますが事故のニュースも相変わらず多いですね。昨日は高速道路の逆行でバイクと正面衝突した事故がありました。アクセルとブレーキの踏み間違いなどで建物やフェンスにぶつかる様な、記事にならない事故を含めるとその数はかなりの件数になるそうです。免許は持っていても年齢とともに衰えていく判断力や回避能力。今日の様なお天気の際は車があれば確かに便利です。でも運転操作を間違えれば即大きな事故につながります。その運転、タクシーなどを利用して代替えできませんか?今、高齢者の方が免許を返上する引き際が問われています…

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 例外無し・・・2015/07/13 at 4:36 PM

    yjimage (1) 

    全英ウィンブルドンの決勝はジョコビッチが連覇しましたね。見応えある試合でフェデラーを応援していた私にとってはちょっと残念でしたが、そう遠くない将来、ここに錦織も登場するであろう事を期待しながらTV観戦しました。勝利の後、ジョコビッチが芝生を食べる仕草をした事が面白かったですが、ビッグトーナメントでの優勝は何度しても嬉しいものでしょう。

     6日のブログに書きましたが、そんな決勝戦での話題がまたまた記事になっていました。今回はF1王者のルイス・ハミルトンがしてやられましたね!インスタグラムに招待状の写真を掲載し『決勝を観にウィンブルドンに向かうところ。ロイヤル・ボックスに招待されるなんて光栄だ』と意気揚々だったハミルトンですが、王室や往年の名選手、世界的な俳優らが招待されるロイヤル・ボックスでは男性の場合、大会の雰囲気に即したジャケットとネクタイ、靴の着用が求められますが、ハミルトンはジャケットやタイを着用せず、花柄のシャツ姿で来場したため退席を余儀なくされたそうです。不名誉な結果はお約束のSNS等で英国各紙が速報で流した為、あっという間に知れわたるハメに…しかしさすがウィンブルドン!選手に純白を求めるだけでなく、観戦者が一流のスターであってもふさわしくない服装であればきっぱり退席を求めるところは今風に言えば『パネー!』徹底ぶりです(笑)ここまで例外無しでやるからこそ、ある意味伝統は長きにわたって守られ継承されてきたのでしょうし、これからも変わらないのでしょうね。

     

     

     

     

     

     
  • 頑張って!・・・2015/07/11 at 5:13 PM

    yjimage

    都内のある学校で、校外学習で訪れた都庁前の広場で集合時間に遅刻した生徒96人を長時間正座させたのが体罰にあたるとして都教育委員会が教諭の処分を検討しているそうです。タイル貼りの地面に約20分間だったそうですが都教委は①周囲にいた他の教員が止める事ができなかった②一般の人が多数いるなかで生徒に身体的、精神的な苦痛を与えた事を問題視しているそうです。①については何とも言えませんが②についてはどうなんでしょうか。少数の生徒であればまだしも、100名近い集団ですので個別に周囲の人達から冷たい視線を投げられる様な状況ではなかったと思います。むしろ、周囲の人達からは何かしでかして先生に怒られているな、と思われたのではないでしょうか。集団生活の中で『遅刻』した事により全体の行動スケジュールや、時間を守っていた他の生徒に迷惑をかけた訳ですから怒られて当然だと思いますし、なぜ怒られたか理解してもらわなければ彼らは今後も同じことを繰り返すでしょう。教諭として当然の指導だと思います。しかもこれだけの人数を時間の限られたスケジュールの中で集めて指導する場所はそうそうなかったと思います。それらを含めて考えたのですが20分の正座で『身体的、精神的に苦痛を与えた』事になってしまうのですか?今の時代だと。叱られる事は悪い事ではありません。なぜなら、なぜ叱られたか教えてもらえるからです。約束事を破ったり、ルール違反をしても怒られなければ『これくらいなら大丈夫なのか』と生徒たちは思うでしょう。当然の指導をして処分されるのでは誰も教師になんてなりませんよね。

     逆に岩手県矢巾町で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、同町の越秀敏教育長は『現時点でいじめがあった可能性が高いと認識している』と述べました。この件では担任が警察に対して以前に生徒間でのトラブルがあった、と発言しています。生活記録ノートにもこの生徒が『死にたい』と記載していたにも関わらず自殺を防げなかったのが残念でなりません。生徒が出しているSOSのシグナルをいかに速やかに見抜いて話を聞き出すか、どう対処するのか。生徒の命がかかっている内容だけに時には1分1秒を争います。今の時代、教育の現場は本当に難しく大変だと思います。ですが大人になって同窓会で先生にお会いした時、会場で話題になるのは決まって先生に投げ飛ばされた事や、悩みの相談にのってもらった事ばかり。思春期の子供達にとってそれだけ記憶に残るのです。先生方、大変でしょうがどうか頑張って下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 太鼓・・・2015/07/09 at 4:58 PM

    1436407575414

    定休日に犬を連れて鎌倉駅近辺を散歩していたら、テナントに太鼓のお店が入っていました。調べてみると千葉のお店の支店のようです。様々なお店が軒を連ねる鎌倉ですが、太鼓がドンと座っているのは迫力がありますしちょっと珍しいですよね。太鼓の誕生は縄文時代と言われますので日本ではかなり古くから使われていました。その音を利用して情報伝達に使われていたものが、やがて戦国時代に陣太鼓として普及したようです。戦にあたり兵士の心を鼓舞し、音の迫力とともに気合で攻め入ったのでしょう。やがて神社仏閣などでも使用されるようになり、そこからお祭りなどへも進出しています。最近ではいくつかの和太鼓パフォーマンスグループもメジャーとなり、世界中で演奏を披露しているグループもありますね。太鼓が奏でる腹に響く低音の迫力と独特のリズムは何か心に訴えかけるものがあります。お祭りでの太鼓は心をうきうきさせてくれますし、学校の騎馬戦で叩かれる太鼓は勝負をかけた一戦での気合いを入れてくれます。和太鼓パフォーマンスの演奏では終わった後に爽快感が残ります。その昔からほとんど構造や作り方が変わらない太鼓。単音だけなのに、叩く力具合やリズムひとつで様々なシーンに合わせて使用できる。太鼓の魅力はそこにあるのでしょうね。

     ところでお墓も昔から亡くなった方を供養し弔う場所としてなくてはならないものですが、太鼓と違って近年急速にその形状や埋葬方法が変わってきました。時代の流れや家族のスタイルが変化してきた事によるものですが外観や内容が変わっても、故人に対する想いだけは変わりません。瞳を閉じて手を合わせるスタイルは今でも皆さんされているのではないでしょうか。太鼓は音で心に語りかけてきますが、我々は無言で故人様に語りかけます。佐原霊園では納骨堂『やすらぎ』と『手元供養セット』を宗教不問、低価格でご用意しております。皆様のライフスタイルに合わせたこれからの時代のお墓です。是非一度ご見学にお越し下さい。

     

     

     

     

  • 限りなく白・・・2015/07/06 at 4:47 PM

    刑事ドラマで犯人を絞り込む時『ヤツはシロだな』などというセリフを聞きますが、白か黒、という言い方はよく犯人か否かの例えに使われますよね。一般に白=潔白のイメージですが、最近では純白のものはなかなか見かけなくなりました。家電もひと昔前は『白物家電』などと呼ばれ、文字通り冷蔵庫や炊飯器などは白基調が当たり前でしたが現在ではカラフルなものばかりです。洋服もそうですよね。今年はボーダーが流行りですが、盛夏の暑い時でも今や白一色の出で立ちの方なんて見かけません。アクセントのストライプやワンポイントが入っていたり、純白ではなくベージュやクリーム系の色目だったりとアレンジされているのが普通です。

     ところがいまだに厳しく純白にこだわるところがあります。テニスの全英オープンが開催されるウィンブルドン選手権です。古くからの伝統を重んじるこのクラブではいまだに純白にこだわっており、その厳しさには定評があります。『適切なテニスウェアはほとんど完全な白色』と定義され、この大会を7回制覇しているロジャーフェデラーですら『僕らはみんな白だ。白、白、真っ白だ。かなり厳しい』と言っています。女子選手にとってはもっと深刻で下着の色まで調べるそうです。マテックサンズは、ナイキがデザインしたブラジャーに黄色のラインが入っていたので不適格とされたと告白しています。『数回選択してオフホワイトになったものはもう使えないのよ』と皮肉っているそうです。ちなみにこの白にこだわる理由、正々堂々戦うという意味からかと思いきや、初代優勝者が身に付けていたウェアが白だったからだそうです(笑)

     墓石の色も一昔前は白か黒、いいとこグレーばかりでしたが今やピンクにブルーにグリーン…貝殻の化石が入ってキラキラするものまで様々です。時代の流れとともに好みも変化しますし当然だと思うのですが、さて私が生きているうちにウィンブルドンのウェアは色付きOKになるのでしょうか。

    yjimage

     

     

     

  • 水・・・2015/07/05 at 5:29 PM

    DSC_4251

    先日ご納骨をされたお客様から電話があり、カロート蓋のメジ止めについて質問がありました。以前は左右で止めていたが、今回は上側で止まっている。位置が変わっているが雨が降ったら水が入ったりしませんか?との事でした。結論から言うと雨の浸水は大丈夫です。このお客様のカロートは丘カロートタイプで、お骨を安置する位置が地上型のものになります。最近ではこのタイプのお墓が増えておりますが、雨水の浸入に対しては旧来の埋蔵式カロートに比べるとまず心配ありません。

     ただし横須賀では古い墓地はほとんど山の中で、カロートも『埋蔵式』が多い為、過去に1度はお骨壺が水没した事があると思って下さい。原因は大雨の際の水の浸入もありますがたいていの場合『結露』によるものです。ほぼ密封されているお墓のカロート内ですが寒暖の差による結露は皆さんの想像以上で、我々が納骨時に最初にやる仕事は水抜きとお骨壺の水出しです。結露に関しては当然丘カロートタイプでも起こりますので、このタイプでお骨壺に水が溜まっていれば結露が原因です。

     特にひどいのは横須賀市営霊園の芝生タイプです。カロートが既設のコンクリートカロートの為、内部はかなりひどい状態です。本磨き(ツルツルに磨いた)の御影石カロートであれば多少の汚れは簡単に洗い流せますが、ザラザラのコンクリートカロートはカビや汚れが密着しており一筋縄ではいきません。また排水パイプがありますが泥や木の根が侵入して詰まっていると意味がありません。建墓後年月がたっている方の納骨の際には事前に確認に行き清掃しておきますが、当日も早めに行って蓋を開け十分に乾燥させてから納骨できるように準備しております。滅多に見れないカロートだけに、納骨に立ち会われる方は必ず中を覗きますから…裏方の話ですがご参考までに。

     

     

     

     

     

     

     

  • 1 / 212