• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • ゆく年・・・2015/12/28 at 4:39 PM

    yjimage

    2015年の営業は本日をもって終了いたします。皆様にとってこの1年はどんな年でしたでしょうか。佐原霊園管理事務所では、今年はハンドメイドの造花や手元供養セットの販売を開始しました。変化著しい仏事関連業界において『これからの時代のお墓のスタイル』をコンセプトに、新年も少しでも皆様のお役にたてるよう様々な新商品をご提案して参りますので、どうぞ新年もよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

  • ラーメン・・・2015/12/27 at 5:17 PM

     2

    1杯850円のしょうゆラーメン。どこででも食べられそうな金額ですが、実はミシュランガイドで世界初のラーメン店として一つ星評価を獲得したとなれば、一度は食べてみたいと思いますよね。豊島区のJapanese Soba Noodles 蔦(つた)がその店です。受賞前ですら連日店の前には2時間待ちの行列ができる人気店だったそうですが、受賞後はTVへの出演も度々あり、先日はテニスの錦織選手がおいしそうに食べていました。年末年始のお休みを利用して食べに行く方もきっといらっしゃるのではないでしょうか。日本人のラーメン好きは今や世界中に知れ渡っていますが、提供するラーメン屋さんもあの手この手の材料で工夫をこらし、オリジナルなラーメン開発に情熱を注いでいます。もちろんここ横須賀でも数多くのラーメン店がしのぎを削っていますが、本当においしい1杯に出会うとそれが多少遠方であってもまた食べに行きたくなるものです。皆さんにはそんなお店がありますか?

     きっと近い将来、ミシュランガイドに乗るであろう私のお薦めのおいしいお店を1軒紹介しましょう。ちょっと遠いのですが東京都東久留米市滝山1-8-17 らーめん『がんてつ』https://www.facebook.com/gantetsu1994/フェイスブックのアドレスを貼りますので是非一度食べに行ってみて下さい。ラーメンはもちろん、つけ麺も絶品!オリジナルのスープ、麺はもとより辛味噌ニンニク玉などラーメン好きにはたまらない1品があれこれと。寒いこの時期、あったまる1杯はたまりませんよ。

     さて、頑張って書いてきたこのブログもいよいよ明日が今年最後になります。明日はご挨拶のみとなりますので実質今日が最後ですね。来年もちょっと役に立つ知識やうんちく、話題についてあれこれ書きますので是非ご覧下さい。

     

     

     

     

  • 六曜・・・2015/12/26 at 5:39 PM

    20110826-六曜の 

    大分県は県や6市町村でつくる『国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会』が発行した来年のカレンダーに『大安』や『仏滅』などの六曜(ろくよう)を記載していたとして回収を進めると発表したそうです。我々不祝儀に関わる業界、特に葬儀社では『友引』を避けて告別式を行うところが現在も多いのですが、国内のほとんどの行政機関では『六曜に科学的な根拠はなく、公的な刊行物に掲載するのは不適切』とのスタンスを取っています。先の大分県では『差別を助長する迷信や因習の一つ』とまで言い切っています。

     ところが街中ではいまだに、仏滅は結婚式場が格安で使えたり、宝くじ売り場で『本日大安!』のノボリを見かけますよね。ところがそもそも六曜は仏教とは一切関係なく、むしろ浄土真宗では親鸞が『日の吉凶を選ぶことは良くない』と説いた為タブー視されているそうです。佐原霊園の管理事務所でも、納骨日を決めるに当たって壁にかけてあるカレンダーを見ながら友引や仏滅を避けて決める方が多いのですが、実はこれが現状なんですね。過去、明治時代に一度政府から使用禁止命令が出たのですが、戦後はこれら占いの類も放任されたため、いまだに占いなどでは好んで使用されているのです。当たるも八卦…の世界ですが、この手の言い伝えに対していまだに年輩の方はこだわる方が多いのも事実です。習慣や言い伝えの恐ろしい部分でもありますね。

     来る新年は、仏事業界にとって更に大きな転換期になるだろうと私は予想しています。更に進化した、仏壇やお墓の登場があるでしょう。『こんなのアリなの?』と思う前に、皆さんも是非仏事ごとに対して一度あれこれ調べてみて下さい。いかに今まで習慣や言い伝えを鵜のみにしていたかがきっとわかるでしょうし、お墓の選び方も変わると思いますよ。

     

     

     

     

     

  • 宗教観・・・2015/12/25 at 5:08 PM

    image

    今日はクリスマス、ご存知のとおりキリストの誕生を祝うお祭りですね。平和な日本では何でも商戦にしてしまいますので街中はクリスマス一色です。以前にも書きましたが日本人はもしかしたら世界一宗教観の薄い人種かもしれませんね。今日はおそらく日本人のほとんど全部がクリスマスに乗っかりチキンを食べてデザートはケーキですよね。で、1週間もせずに大晦日は除夜の鐘を突きにお寺にいそいそ出かけ、日付が変わって元旦になったら今度は近くの神社に初詣に…イベントであれば何でも良い風に見えてしまうのは私だけでしょうか。最もこれらをイベントに仕立ててきたのはメディアの方でしょう。本来は信仰する宗教のイベント行事であったものを国民的祭事であるかの様に報じて、商魂たくましいデパートやメーカーが年々派手に便乗してきた結果なのでしょうね。

     お墓の世界もそうです。昔は和型の背の高いお墓ばかりだったのに、ここ十数年で一気に洋型が流行り、現在は戸建てよりもマンション形式の納骨堂が人気に。もちろん予算も絡んでの話ですが、少子高齢化も大きな理由のひとつです。信仰する宗教を持たない方が増えた事もあって、無宗教形式を希望する方もどんどん増えています。こうした無宗教の方にとってはクリスマスの意味など関係無いんですよね。おいしい料理やケーキを食べて、サンタさんがプレゼントを持ってきてくれる日です。イベントであればそれで構いません。しかしお仏壇やお墓選びとなると、最低限その意味合いと使い方を理解しておかないとおかしな事になります。後々恥をかかない様にくれぐれもご注意下さい。

     

     

     

  • 数字のマジック・・・2015/12/24 at 5:04 PM

    20151215-t01

    新国立競技場の建設はいよいよA案に決定しましたね。そもそもこの2案については僅差での決定が物議をかもしていますが、それ以前に1490億円という予算についてあまり騒がれない事の方が違和感を感じませんか。予算として1550億円の枠が提示されていた訳で、これを両案とも下回る提示ではありましたが、冷静に考えればかなりの金額です。確かにオリンピック向けの競技場建設、言ってみれば国の顔になる施設ですが過去に行われた海外各国の施設でも1000億円を超えるものはまれだそうです。当初の3000億円から見れば半分になったとは言え、ガンバ大阪が完成させた新スタジアムは総工費約140億円です。しかもほぼ全額を寄付でまかなったとの事。2月のオープニングゲームで脚光を浴びるでしょうが、規模としても新国立競技場とほぼ同等の立派な施設です。それでもまだこれだけのお金をかけて作る必要があるのでしょうか。

     さらに問題なのは予算のうち、約半分にあたる金額をスポーツ振興くじ(toto)の収益からひねり出す予定だという事です。totoの売り上げはその半分50%が当選者への払い戻しです。残りの50%から運営販促費を除いた約40%が収益になりますが、3分の2が助成金として、3分の1が国庫納付金として一般財源に使われています。今回の新国立競技場建設にあたっては、まず助成金から約400億円を振り分けます。そして更に国庫納付金として納められる予定の約400億円をも使用するのです。全て使ってしまうと助成金をあてにしていた他の分野への支援が滞ってしまうので、まずは国庫納付金から助成金を絞り出すという裏技を使うようです。どう考えても名目上でのつじつま合わせにしか聞こえませんよね。しかも現状これだけのお金はありませんから、この話はこの先8年間にわたって毎年の売り上げから分割して支払われる訳です。つまり現状通りtotoが順調に販売される事を見越しての話です。ここまでしてでも作りたい新国立競技場、果たしてオリンピック終了後も有効利用できるのでしょうか…

     

     

     

  • 備えあれば・・・2015/12/19 at 5:47 PM

    1 

    愛知県犬山市にトイレットペーパーが1千個寄付されたそうです。金額にすればさほどではありませんが、商品で寄付すると迫力がありますよね!贈ったのは市内のタクシー運転手さんで、運転中にガマンできなくなり市内の公園のトイレに駆け込んだところきちんとトイレットペーパーが備わっていた事に感激しての事だとか。 

     誰でも1度くらいは同様の経験があるのではないでしょうか。滅多に使用しない公園などの公衆トイレ。その時にペーパーはありましたか?トイレは綺麗でしたか?この公衆トイレ、管轄するのは各市区町村の公園課などですが、設置数や予算などの理由から清掃やペーパー補充などは自治体に委託したり、自治体が自主的にメンテナンスなどを行っているのが現状で場所によりかなりの当たり外れがあります。実は私もお腹が敏感で、営業職として飛び回っていた時代はいざと言うときの為に東京、神奈川のほとんどの地域の公衆トイレの場所を把握していました。もちろんそれらのトイレの清掃状況やペーパーの状況もチェックしており、いつも綺麗な所を選んで使用させていただいていたので、この運転手さんの気持ちは良くわかります。実物での寄付は過去にも例が無いそうですが、犬山市役所の担当者は『こんなにも喜んでもらえるとは』と、このペーパーを有効活用するそうです。備えあれば憂いなしですね。

     お墓に関する話も是非同様にご検討下さい。佐原霊園では12月29日(火)~1月5日(火)までお休みさせていただきますが、例年年末年始は急なご不幸でバタバタと慌てて来られるお客様が増える時期です。備えあれば…ですので是非皆様、お元気なうちにご見学下さいませ。

     

     

     

  • お布施・・・2015/12/18 at 6:09 PM

     yjimage

    先日開催されたエンディング産業展2015の会場で携帯のニュースを見ていたところ、ネット通販大手のアマゾンがお坊さんの紹介を始めるとのビッグニュースが配信されました。イベント当日を狙っての発表ではないでしょうが会場のあちこちで皆さんそのタイムリーな記事を見ていました。ついに時代はここまで来ましたね。全国どこでも対応可能、1供養35000円のお布施、カード決済可能と、現代のニーズにピッタリあてはめてのスタートです。

     佐原霊園でも各宗派のご住職にお越しいただき法要等行っていますが、事前にお客様にはお布施の金額を明記した用紙を渡して金額を確認していただいております。これは弊社だけでなく、民間の霊園であればどこでも同様です。アマゾンはこれをネット上で行う訳ですね。もちろん賛否両論で、全日本仏教界の担当者は『私どもはずっとお布施を明確に金額に表わしてはいけないと主張し続けています。法要や葬儀で僧侶がお経を読む行為は営利目的ではない。これでは結婚式の司会者を手配するのと変わらない。私は一僧侶として疑問を感じます』とのコメントを出しています。しかし今の世の中、明確に金額がわからないのは『回らない寿司とお布施だけ』と言われるくらい全てにおいて価格が明確になっています。一般庶民からすればお布施とは『相場』がわからないものであり、金銭的に余裕の無い方は頼み辛い訳です。アマゾンはそこをついてきました。『カード決済では僧侶に対する謝意が薄れる』とも言われていますが果たしてそうでしょうか。他の商品は今や全てカードで支払えるのに、領収書無しの現金払いを求めるのは猶更葬家を疑心暗鬼にさせるだけではないでしょうか。アマゾンのこの試みは、世の中の人々がお寺や読経に対して、支払う対価が適正であるかどうかをどう判断しているか明確に答えとして現すものとなるでしょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     インターネット通販大手・amazonで12月8日、ついに「お坊さん」までがそのラインアップに加わり、ワンクリックで注文、「お布施」はクレジットカードで決済できるようになった。「お坊さん便」は四十九日や一周忌といった法事(法要)の際に、読経を行なう僧侶の手配サービスだ。料金は、自宅など手配先への訪問のみなら3万5000円。全国どこでも手配が可能だという。

     神奈川県在住・64歳の利用者男性は「地方出身者で菩提寺がない、お坊さんとの個人的な付き合いもない人には、利用価値はあると思いました」と語る。さらに、メリットを感じているのは遺族だけではないようだ。都内に住む30代の僧侶がいう。

    「僧侶の仕事は確実に減ってきています。お寺は檀家さんのお布施で成り立っているのですが、派手な葬儀は姿を消し、急速に簡素化が進んでいる。地方では墓の面倒が見られないという理由で“墓じまい”をして寺を離れる檀家も増えてきました。特に私のように寺を持たない“マンション坊主”にとって、このサービスで仕事が入るのはありがたいことです」

    「お坊さん便」がamazonに出品された日、利用者からの問い合わせが殺到したという。

    「それ以上に多かったのが僧侶からの“登録したい”という電話。これは予想外でした」(「お坊さん便」を運営する「みんれび」取締役副社長の秋田将志氏)

     しかし、仏教界からは、「宗教をビジネス化している」という批判的な意見もあがっている。主要宗派が加盟している全日本仏教会の広報担当者が言う。

    「私どもはずっと“お布施を明確に金額に表わしてはいけない”と主張し続けています。法要や葬儀で僧侶がお経を読む行為は営利目的ではない。これでは結婚式の司会者を手配するのと変わらない。私は一僧侶として疑問を感じます」

     浄土真宗の僧侶でNPO法人永代供養推進協会代表理事の小原崇裕氏もこう話す。

    「僧侶は『物』ではありません。利用者は手配される僧侶の質のチェックも十分にできないだろうし、法要が形骸化しないか危惧しています」

     他にも、「クレジットカード決済では僧侶に対する謝意が薄れる」という指摘もある。“ネットで買う”という行為自体に、宗教界では強い抵抗感があるようだ。前出の秋田氏が言う。

    「株式会社ですので利益は追求していますが、菩提寺がなく困っている方などには、間違いなく必要なサービスです。批判には、我々のようなベンチャー企業に対する冷ややかな目も関係していると思います。私たちは近い将来のIPO(株式公開)を目指しています。しっかりと公開している企業であれば、より多くの人に選択肢として認知していただけるようになると思います」

     日本人の死生観は新サービスを受け入れるか──。

    ※週刊ポスト2015年12月25日号

  • 手元供養セットとは・・・その22015/12/14 at 5:58 PM

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    前回の続きになりますが、仏壇とは仏教における家庭内の礼拝施設である事はお判りいただけましたでしょうか。つまり無宗教の方は本来使えないものなのです。ではなぜ皆さん不幸があると仏壇を購入するのでしょうか。それは江戸時代に行われた寺請制度の名残なんですね。この制度により庶民はどこかのお寺の檀家にならなければならず、これを機に仏教が普及した訳です。ご存知の通りそれ以前の日本は神道により神様を祀っていました。従って歴史ある旧家だと自宅内に神棚と仏壇の両方がある、というお宅も時々見受けますよね。それでも総数としては在来仏教の方が信者が多かった為、その名残として不幸があった=仏壇を買わないと、という図式になっていました。

     ところが現在、葬儀の主流は無宗教形式が半数近くになっています。となればその半数の方は仏壇以外のものを用意しなくてはなりません。お墓もしかり。今更どこかのお寺のお檀家さんになる訳にはいきませんから霊園を探す訳ですね。2つを合わせて考えたらまたもやそれなりの費用が必要になります。

     そこで『手元供養セット』なのです。これひとつで仏壇とお墓を兼用できてしかも費用は6万円から。仏壇と違って使用する仏具や飾り方に決まりはありません。大切な方のお気に入りの写真と、少しのお骨がご自宅にあればあなたの寂しさも和らぎませんか?『手元供養セット』があれば、朝起きたら、夜寝る前に、時間を気にせずいつでもご供養が可能です。故人様だって、やっぱり手を合わせて欲しいのはあなたなんです。月に1回程度のお参りではあなたも気が引けませんか。『手元供養セット』で世の中に1つだけの、あなたの大切な方を供養するオリジナルなスタイルを完成させてあげて下さい。

     

     

     

     

     

     

     

  • 手元供養セットとは・・・その12015/12/13 at 5:27 PM

    33

    先日のイベントで『手元供養セット』について様々な質問をいただきました。そこで改めて『手元供養セット』についてご紹介しましょう。この商品の一番の特徴は無宗教の方が使いやすい様に考えたものであるところです。信仰する宗教の無い方は、ご葬儀が終わって仏壇を買いに行くとはたと気づくのです。無宗教専用の仏壇というものが無い事に。そもそも仏壇とは『小さなお寺』であり家庭内で礼拝に使用する仏教施設です。当然ですが基本的な仏具として信仰する仏教の『ご本尊』と『位牌』が最低限必要になります。ところが無宗教形式でご葬儀を済ませた方は、お経も上げていませんし戒名も付けていません。すでにこの段階で戸惑ってしまうのです。

     仏壇専門店ではこうした方の為にモダンなタイプの仏壇をおすすめしていますが、これとて飾り方は従来の通りです。そこで弊社ではご本尊の代わりにお写真を、位牌の代わりにミニ骨壺を飾る『手元供養セット』をご用意しました。本体はお墓と同じ御影石製。重厚感がありつつコンパクトなサイズにしてありますのでマンションなどにも置きやすいデザインです。基本セットの5点タイプにはこの他にクリスタル製の仏飯器と香炉をセットしてあります。あくまで使い勝手を優先して価格も抑えましたので、購入後にこれらの小物は皆様のお好みでどんどん交換して下さい。既存の仏壇では、ほとんどの方が購入後具足などのセット内容を一度も替えずに長く使っておられますが『手元供養セット』は季節やその日の気分であれこれアレンジして使っていただけることが最大の特徴です。大切な方を供養する為のものだからこそ、故人の好物をお供えしたい、季節のお花を供えてあげたいなど、ご要望は様々だと思います。それらのニーズにお応えできるのが『手元供養セット』なのです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • ラスト・・・2015/12/12 at 12:12 PM

    1

    人生の最後をどの様にしたいか…普段考えない話題ですが、8日から開催されていたエンディング産業展2015に出展して改めてこの終末という最後のイベントを、元気なうちに考えておく必要があると思いました。理由のひとつはやはり費用。死ぬのもタダではありません。正確には、亡くなった本人は関係ありませんが残されたご家族が費用の負担を強いられる訳ですね。多額の資産をお持ちの方や、十分な生命保険などに加入されている方は別ですがそうでなければ一時的にまとまったお金が必要になるその負担は決して軽いものではありません。生前にどの様にしたいか、予算はどれくらいにしたいのか、これは大事なポイントになります。

     そしてもうひとつは宗教。自分が日頃、熱心に崇拝している宗教がありますか?あれば別ですが、あまり馴染みの無い方ほど時間の無い状況の中で葬儀社さんと打ち合わせして決めなければなりません。本人やご家族の意向以外に親戚や友人などの意見も影響します。バタバタと葬儀が終わった後に『これで良かったのかしら』と悩んでしまっては意味がありません。そして最後に、最近多い無宗教で葬儀をされた方ですが、ひと段落してお仏壇やお墓を購入する際にまた悩む事になります。そう、信仰する宗教が無ければご本尊やお位牌をどうしますか?無理やり既存のお仏壇を飾っていませんか?近所だからと、どこかのお寺の境内にお墓を購入しませんでしたか?いずれも決して安い買い物ではありません。だからこそ今、生前にこういった『いざ』と言うときの事をご家族で相談する事が必要になっています。弊社がおすすめしている『手元供養セット』も今回TBSで紹介していただきましたが、コンセプトは『これからの時代のお墓のスタイルです』ますます多様化していく仏事の流れとお仏壇やお墓の現状を、是非お元気なうちに一度見て下さい。きっとお役に立つと思います。

     

     

     

     

     

     

     

  • いよいよ・・・2015/12/07 at 10:55 AM

    endex2015_bw

     

    bnr_endex2015_300

     

    エンディング産業展2015がいよいよ明日から開催されます。人生の最期をどの様に迎え、どう終わらせるか。その後のお仏壇やお墓はどうするのか。今の時代、亡くなった後の事を生前に決めておくことが家族や子供達への思いやりと考える方が増えています。大切な方が亡くなる悲しみはとても大きい事ですが、その時にかかる費用も大きなものです。いざという時、限られた時間の中で予算や希望通りの内容を決めていくのはとても無理な話です。その日の為に勉強しておく良いチャンスです。是非お時間があれば会場へお越しください。会場でお待ちしております。

     

     

     

  • 才能・・・2015/12/06 at 4:45 PM

    IMG_3499

    これは写真ではなく描かれた絵です。作者は福島尚さんという自閉症の方だそうですが、写真と見間違う見事なタッチですね。日本信号という会社が年2回発行している株主向けの決算報告書の表紙を飾っているそうですが、今回ツイッターから一気に拡散され世間に認知されたそうです。報告書の末尾には作者の福島さんの紹介が書かれています。『知的障害(自閉症)で、幼少期に鉄道に興味をもち、列車や信号機、踏切等、鉄道に関する絵を描きはじめた。一度見た風景を詳細に脳裏に焼き付けて克明に描く能力を有し、記憶だけを頼りに下書きなしで写真のように精緻な絵を描く。現在は、地元をはじめ全国の鉄道をテーマに独自の創作活動を展開している』との事。障がいのある方は、時に驚く様な才能を発揮するそうですが福島さんはまさにその典型的なタイプなんでしょうね。敷かれた砂利の色目や夜を照らすヘッドライトの灯りなど、表現の見事な事。絵心の無い私はただただ驚くばかりです。

     才能とは『ものごとを巧みになしうる生まれつきの能力』とあります。皆さんは何かの才能をお持ちでしょうか。おそらく人は皆、生まれつき何かの才能を持っているのでしょうが、卓越した才能を持っている人はほんの一握りでしょう。さらに両親や周りの人が幼少期にそれに気づいて伸ばしてあげられるかどうかで、将来その才能を開花させる事ができるのでしょうね。様々な偶然が重なっての事だと思いますが、福島尚さんのケースもそうだったのでしょう。これからのますますの活躍が楽しみですね。

     さて、私も帰宅したらうちの子供達の才能を探してみましょうかね。何か能力を持っているのかな?

     

     

     

     

     

     

  • 1 / 212