• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 逆転・・・2016/01/31 at 5:57 PM

    yjimage

    今日はこの話題しかないですよね。サッカーU-23、浅野投入による昨夜の見事な逆転勝利!ついに無敗を誇る永遠のライバル韓国代表に勝ちました!いやーこれぞサッカーという、見応えのある試合でしたね。前半終了時点で試合結果を予想できた人は一人もいなかったのではないでしょうか。それほど見事な逆転劇でした。手倉森監督も相当嬉しかったようで『リベンジの大会。そう簡単には勝てない相手にも勝てるようになった。2点取られてムカついてた。優勝でスッキリした。これからも世界に届くところまで育てていきたい』とちょっと口の悪い発言まで飛び出しましたが、あの展開であればこれくらい言いたくなるでしょう。

     思い出すのは23年前のワールドカップアジア予選、カズの韓国戦ゴールでリーチをかけて挑んだイラクとの最終戦でした。後半90分まで2-1で勝っていましたが、悪夢のアディショナルタイムでまさかの同点弾を決められ得失点差で敗退。これが今に語り継がれるドーハの悲劇です。この時も日本の敗退により韓国が出場したのでまさに因縁の対決だった昨日の試合、メディアでは一斉に『ドーハの歓喜!』と見出しに書いていましたね。まさに雪辱を晴らした試合だった訳です。

     試合後、韓国代表のシン監督は『日本の選手交代が試合を変えたのは事実だ。その点で私は日本の監督に敬意を示したい。彼は試合を一変させる手腕を発揮した』とコメント。采配を的中させた手倉森誠監督を称賛しました。同時に『このチームは非常によく戦ったと思う。我々は退屈なサッカーを一切しなかった。常にパスサッカーを展開し、選手たちは素晴らしいパフォーマンスを見せた』と韓国チームと選手を称えました。これぞスポーツの醍醐味であり良いところではないでしょうか。何かと競り合う日本と韓国ですが、近年まれに見る見応えのある試合でしたね。日本はフェアプレー賞も受賞しましたので、この勢いで本戦でのさらなる活躍が楽しみになりました。テニスにラグビーにサッカー、まだまだスポーツの世界から目が離せない今日この頃ですが、まずは今夜寝不足解消に早寝しましょう!(笑)

     

     

     

  • マイナス・・・2016/01/30 at 3:17 PM

    yjimage (6)
    今日の話題はこれに尽きますね!ついに日銀が『マイナス金利』を実行するそうです。ちまたでは最後の手段、いよいよ来たか、と国内だけではなく海外メディアでも大きく取り上げられています。市場の原理ではお金を貸す場合、利益を得るために利子を取ります。逆にお金を銀行に預ければ利子がついて若干なりともお金が増えますよね。マイナス金利ではこれが逆、つまり日銀にお金を預けると預かり料を取られ、お金が減ってしまうのです。これは普通銀行等が日銀に預金する際に付与されていた金利が対象ですので、もちろん我々が普通銀行に預金しているものには関係ないと思いがちですが、実はこれ、我々国民にとっても極めて危険な方策ではないでしょうか。
     マイナス金利の狙いは、普通銀行が日銀に手持ちの余剰資金を預けても、儲からないどころか減るのであれば現状よりも更に低金利で積極的に市場に貸し出しを図るだろうという目測からの試みです。でもよく考えると普通銀行が日銀に預ける預金の大元は、本来我々国民一人ひとりの預金の総額です。それを我々が普通銀行に預ける→普通銀行は日銀に預ける→日銀はその預金を元に国債を発行する、という図式が成り立っている訳です。デフレが続けば国民は低金利であっても預金を銀行に預け、お金はなるべく借りません。普通銀行は預金ばかりが増えてお金を貸し出す先が無いので低金利でも日銀に預けて資産の確保と目減りを防止していた訳です。ところがこの預金がマイナスになり目減りしてしまうとしたら…
     現在約80兆円もの国債を発行している日銀ですが、そもそも国債は潤沢な資金がある事が前提で発行できる信用取引です。しかもこの国債は数年、数十年後に必ず償還期限が来る、言ってみれば国の借金のローンですよね。今までは確実に普通銀行からまとまった預金が入ってきていました。ところが今回の措置でもしも普通銀行が日銀に預金をしなくなったら、日銀は未来の国債の償還費用を一体どこから捻出するのでしょうか?収入として毎年確実に見込めていた預金を自ら断る様なマイナス金利という政策。冷静に考えると孫子の時代が心配でなりません。
     
     

     

     

     

  • 雪・・・2016/01/29 at 5:17 PM

    yjimage

    またもや大雪の注意報が出ましたね。今朝の車の温度計は7度程度でそんなに寒く感じませんでしたが、どうやらこれが今日の最高気温に近いようです。日中気温が上がらず、むしろ下がっている様です。こうなると夜間に一気に雪に変わる可能性が高くなりますね。固体である雪が液体である雨に変わるためには、周囲から熱を奪い取らなければなりませんが気温が3~4℃以下の場合、溶けきるだけの十分な熱が周りの大気から得られないため雪は雨に変わることなく地表へ降ってきます。我々の知識では水⇔氷(雪)は0℃を境に、と考えがちですが自然環境の中では必ずしも温度だけでは予測できません。湿度や風の影響も受けます。温暖な湘南エリアではこの気温3~4℃というのが雪への目安になるでしょう。

     にわか気象予報士の私の予測ではほぼ雨。北風がかなり強まり、仮に降ってもかなり重い雪になると思いますが積雪で2、3センチかな?途中で雨になったり雪になったりの感じだと思うので、お昼頃には車の運転も問題無くできると思います。さて、当たるかな!?

     

     

     

  • 名称・・・2016/01/28 at 5:33 PM

    IMG_7018

    私の父親、名前は節三と言います。小さい頃免許証を見せてもらったら『セツサン』と書かれていて大笑いした記憶がありますが、当時は漢字の読み仮名変換がまだできなくてそうなったらしいですね。正しくは『セツゾウ』ですが、そう節分に生まれた三男だからこう名付けられたそうです。昔の名前らしいですよね。現在では子供の名前と言えばキラキラネームが当たり前。読むことすら難しい漢字が並びますので先生は出席取るのも大変だろうなあ、などと余計な事を考えてしまいます。

     名前と言えば石の名称も様々なものがあります。国産材のものは多くがその産地の名称を付けられているものがほとんどですが、輸入材では扱う小売店が独自に付けているものが多く、同じ石材でも呼び方が異なります。似た石材が多いので業者間では間違えないように品番で呼びますが、例えばG623では販売する際に味も素っ気もありません。そこでお客様には『新稲田石』などと名前を付けて説明します。お客様がお墓を建てる際に、複数の石材店から見積もりを取りたい場合、この品番を教えてもらうとどこの石材店でも同じ石種で見積もりを取れますので間違えずに比較する事が可能です。『墓石をG614、外柵はG623で』なんて言われると、対応する石屋さんも『ムムッ!この客あなどれないぞ!』なんて思われるかもしれませんよ。

     

     

     

  • 詐欺・・・2016/01/25 at 5:05 PM

    yjimage (5)

     政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪などに問われ、昨年11月の初公判を欠席した元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)について、神戸地裁が強制的に出廷させる勾引状を発付したそうです。出廷しない場合神戸地検などが身柄を確保し地裁へ移すそうです。勾引とは無理やりにでも連れて行くことですが、通常裁判を1回欠席しただけで勾引状が発行される事は無いそうで、日本のみならず世界中に配信されてしまったウソ泣き以降、世間では全く信用度ゼロなんですね。本来子供の特権であるウソ泣き。まさか童心にかえってやってみた訳ではないでしょうが、あれでは誰も騙されるはずも無く、いえむしろ呆れて開いた口がふさがらなかったと思います。さて、明日の裁判ではどんな供述をするのでしょうか。

     ところで詐欺と言えばオレオレに代表される振り込め詐欺が有名ですが、最近では出家詐欺なるものが増えているそうです。多額の負債を抱えて困っている地方の住職に目を付けた詐欺グループは、多重債務者に得度を受けさせ、住職から得度を受けたと証明する書類と写真を発行させました。それを家庭裁判所に提出し戸籍の名前を変えさせて別人になりすまし、偽造した源泉徴収票を使って借金を重ねるという手口だそうです。家裁やローン会社のいずれの審査も、出家して仏門に入るという行為であるため形式的な審査のみで通っていたそうです。手間暇かかるインテリ詐欺ではありますが、仏さえも逆手に取るとはいよいよ世も末ですね。

     

     

     

     

     

  • 心の余裕・・・2016/01/24 at 4:58 PM

    1

    タレントの風見しんごさんの長女、えみるちゃんが交通事故で亡くなってから9年になります。元気でいれば今年の成人式に出席していたはずです。メディアでも大きく報道されましたので皆さん覚えているのではないでしょうか。あの朝、えみるちゃんはいつも通りに元気に家を出ました。そして自宅からわずか数分の横断歩道で青信号に従い渡っている途中でトラックにはねられたのです。直後に現場に駆けつけたしんごさんご本人は、その時の光景が今も忘れられないと言っています。さっきまで元気だった愛娘の変わり果てた姿に言葉も出なかった事でしょう。しかもえみるちゃんには一切の過失もなく、青信号の横断歩道上での悲劇とあれば、親として怒りと悲しみのやり場にさぞや悩んだ事でしょう。しんごさんは以降、積極的に事故防止のCMや講演会などに参加しています。著書『えみるの赤いランドセル』にも想いが切々と書かれています。その気持ちは痛いほどよくわかりますよね。

     毎日車で通勤している私も運転にはかなり気を付けています。実際に1年間の間に2回、前車の事故を目撃し、事故直後のケースも数回見ていますが、最近思うのは譲ってくれる車がめっきり減った事です。大きな通りであればあるほど、昔は数台待てば譲ってもらえたのに、最近では後ろに延々と渋滞の列ができていても誰も譲ってくれませんよね。そして先日起きた前車の事故では、車間距離を取っていたが為にムリに割り込んできた車との接触事故でした。ある程度車が連なって走っていたので、割り込んできた車もかなり待たされていたとは思いますが、どちらの事故も、双方もう少し心にゆとりがあってちょっと譲ってあげれば防げた事故ではないかと思います。

     しんごさんも言っています。『今でも『ただいま』と帰ってくる気がします。交通事故は数多くの深い悲しみをうむ。誰もが加害者にも被害者にもなる。アクセルを踏む前に、えみるのことを少しでも思い出してもらえれば』と。厳寒のこの時期、せめて心の中だけでも温かく、余裕を持って安全運転を心がけたいですね。

     

     

  • 激変・・・2016/01/23 at 5:31 PM

    yjimage (3)

    昨夜のNHK特報首都圏をご覧になった方も多いと思いますが、今の仏事を取り巻く環境の激変は、葬儀社や石材店の施工スタイルを変えただけではなく、ますます増える少規模化、低価格化への流れがついにお寺をも巻き込んできた事を放送していました。お寺でもすでに大きな改革にとりかかっているところがありますが、本山の意向に従わざるを得ない多くの末寺では独断での改革は簡単ではありません。ましてや収入に直結するお布施の金額となると猶更ですよね。

     管理事務所を代行している弊社でも、お寺に関する質問ではお布施や戒名の費用などについて度々聞かれます。今回ネット販売大手のアマゾンが『お坊さん便』というサービスを全国一律での格安販売を開始した事から更にお布施の金額に対する庶民の見方が厳しくなりました。これに対して全日本仏教界では、理事長談話として『お布施は、慈悲の心をもって他人に財施などを施すことで「六波羅蜜(ろくはらみつ)」といわれる修行の一つです。なぜ修行なのかというと、見返りを求めない、そういう心を持たないものだからであります。そこに自利利他円満の功徳が成就されるのです』とのコメントを発表しました。皆さんはこれを見てどう思われますか?

     お布施という言葉の意味はなんとなくわかりました。しかし今まで全く仏教に縁が無かったのに、亡くなった時だけお坊さんにお願いする様なやり方で故人は本当に成仏できるのだろうか?慣れ親しんだ名前があるのに、あえて戒名をつけなければ成仏できないのだろうか?と思う方が増えるのも致し方ないでしょう。この問題は、今後数年間ではっきり結果が出ますよね。不幸のあったご家庭が、アマゾンと一般のお寺のどちらに依頼するのか、それとも宗教色無しで済ませるのか。誰でも結果をデータで見れる様になります。数年後、日本のお寺やお坊さんは果たしてどの様になっているのでしょうか…その意義が今、問われている様な気がします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 真実・・・2016/01/22 at 5:12 PM

    17aaf9e71c5d06afbf5b2c63fbfeb010

    ちょっと驚いた記事があります。震災で大きな被害を受けた福島ですが、私の意識の中にあった福島のイメージが根底から覆されたのでご紹介します。データを公表したのは福島出身で31歳の社会学者、開沼博先生です。曰く『福島の虚と実』というタイトルで詳細に述べられていますのでその一部をご覧下さい。

     まずは福島で生活していた人のうち、震災で県外で暮らす事を余儀なくされた方は全体の何パーセントか?という問ですが、答えはわずか約2.2%だそうです。人数にして約43500人。青森や秋田などと比較しても大きく変わらない、つまりほとんどの方が福島で今も生活しているそうです。そして原発の影響が心配される『中絶や流産が増えた』『離婚率が上がった』『合計特殊出生率が下がった』のうち正しいものは?の質問では正解は『合計特殊出生率が下がった』だけだそうです。流産は震災前後で変化はなく、中絶については10年に妊娠100件あたり17・85だったのが、13年4~6月は16・24と、むしろ減少が認められました。離婚率も明確に下がり、10年の1・96に対し、14年は、1・64と全国平均より下。婚姻率も上がる気配を見せています。出生率については確かに10年の1・52に対し、11、12年は1・48、1・41と『産み控え』とも見える現象がありました。しかし、13年には、1・53という全国最大幅のV字回復を示し、14年も1・58。震災前後で、先天奇形・異常の発生率に変化がないことは言うまでもありません。

     驚きませんか?『福島では今もみんな避難したがっている。放射能に恐れおののき避難者は増え続けている』『離婚が急増し、福島で子どもを持つことに不安を抱く女性ばかりになって“産み控え”が続いている』という『俗流フクシマ論』が蔓延(はびこ)っている。データを見れば明らかですが『全部大嘘です』多くの人が大嘘を真面目に信じこんでしまっていると先生は書いています。ネットの普及、充実とともに誰でも簡単に情報を入手できる時代になりましたが、福島の事だけに限らず、氾濫する情報の中には最もらしい嘘も多く含まれています。大切なのはいかにして私達は正しい情報を学ぶか、と言う事ですね。

     最後にこんな話もありました。福島の平均初婚年齢は14年に夫が30・2歳で全国3位の若さ。妻は28・4歳で16年連続1位。ある面では福島は人が生まれないどころか、晩婚化、少子高齢化に抗するヒントが眠っているかもしれない県だそうです。『うつくしま、ふくしま』その魅力を探しに行ってみたいですね。

     

     

     

     

  • 治療・・・2016/01/18 at 5:25 PM

    yjimage

     現在生まれる赤ちゃんの母親は、4人に1人が35歳以上だそうです。日本女性全体で見ても第1子出産時の平均年齢は30.6歳。確実に高齢出産化しています。同時に自然妊娠がしにくくなり、40代までの夫婦6組に1組が何らかの不妊検査や治療を受けた事があるそうです。2013年に国内で体外受精を行った件数はなんと約37万件にものぼり、この件数には1度失敗に終わり2度3度とトライしている方も含まれるはずですから切実な思いの総数とも言えます。もちろん女性ばかりではなく男性側に原因があるケースも多いそうですが、いずれにしても昔の様に10人兄弟などという大家族を作る事は今や不可能と言っても過言ではありません。

     更に追い打ちをかけるのが費用の問題。不妊治療で最初に試す人工授精の場合で1回3~5万円。複数回チャレンジする方がほとんどですので1組あたり平均約15万円ほどを払っているそうです。残念ながらこれでもダメだった場合は体外受精を行いますがこちらは1回30~50万円。仮に2回試せば100万円近く払う計算です。ホルモン治療などと合わせて数年間で払う総額はあっという間に300万円を超えます。子供を授かる為の費用がこんなにかかるなんて…これでは経済的な理由であきらめてしまうご夫婦も多いのではないでしょうか。少子化対策としてあれこれ言われてはいますが、まずは不妊治療にかかる費用を国が負担する制度を作ってもらわなければ根本的な改善にはなりませんよね。

     

     

     

     

  • 備え・・・2016/01/17 at 5:12 PM

    image

    阪神淡路大震災からもう21年ですね。皆さんあの日を覚えていますか?私は当時別の会社のサラリーマンで徹夜の付き合い麻雀中でした。明け方の大きな揺れはここ横須賀でもかつて体験した事の無いもの凄い揺れだった事、その後帰宅してつけたTVに映し出される光景がにわかには信じられず、寝不足の頭で茫然と見入っていた事を今でもはっきり覚えています。そして改めてこの時に日本が地震大国である事を思い知らされました。多くの方が犠牲になられましたが、直後からの自衛隊やボランティアの活躍は素晴らしく、日本人の助け合い気質も痛感させられました。当時の会社は本社が関西だった為、倒壊した店舗の復興の為に給料を大幅に削られましたが、この時はそれも当然とかなり節約に励んだ記憶もあります。私だけではなく、全国の皆さんのそういった善意の積み重ねにより義援金の金額は1800億円にものぼり、早期の復興を果たせた一番の理由だったと思っています。

     この震災を経験していた世代は、東日本大震災の際に阪神淡路で学んだ知恵を生かして機敏に対応する事ができました。大きな揺れに遭遇したらどうするか、次にどう動くべきか、何を準備しておくべきかなど、何事においても自分の体験から学んだ事はいざと言う時一番役に立ちます。次の大きな地震は何年後、何十年後かわかりませんが阪神淡路の震災時にはなかった大規模な地震の発生予測が、おおまかにではありますが可能になった今、私達は万一に備える事が出来る様になりました。お墓の被害も甚大でしたが、これほどの大きな地震になればまずは命の確保が最優先です。あなたの備えは万全ですか?今日を節目に今一度ご確認下さい。

     

     

     

     

     

     

  • もしも・・・2016/01/16 at 4:53 PM

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    また悲惨な夜行バスの事故が起きてしまいました。今回はスキー旅行の大学生を乗せたバスであった為、多くの尊い学生の命が奪われました。運転手も亡くなっている為に原因調査には時間がかかりそうですが状況からして車体の不備等ではなく、居眠りか病気による人為的なものである事は間違い無さそうです。2012年の4月に東京ディズニーリゾートに向かう夜行バスが関越自動車道で防音壁に衝突して多数の死傷者を出した事故からわずか4年、またもや同様の、いえそれ以上の大惨事になってしまいました。休みを利用してのスキーやスノーボードのツアーは学生にとってそれは楽しみなものだったはずです。それが一瞬にして…

     なぜこの事故は起きたのでしょうか。既報ではバス会社はドライバーに健康診断を受けさせておらず事故の2日前に行政処分を科せられたばかりだったとあります。まず疑われるのは運転手の健康状態ですね。既往症が無かったのか、勤務状態による睡眠不足は大丈夫だったのか。そして本来であれば高速道路を利用するルートがなぜか一般道の碓氷峠を走行していた理由もわかっていません。これが行程表通り高速道路のルートを通っていればこの事故は起きなかったのではないでしょうか。決められた事柄に対してのほんの少しのズレ。それが1つ2つと重なった事によって取り返しのつかない事故を引き起こしました。もしもドライバーが健康診断を受けていたら…もしも正規のルートを運行していたら…やり直しができる事なら失敗も勉強になりますが、取り返しがつかない事態になる前に過去の教訓を学び、それを生かしていかなければこれからもこの様な事故はなくなりません。我が家の長男は今日センター試験を受けました。この後いくつか受ける予定の大学の中に、今回犠牲になられた学生さんがいました。もしかしたらその方達の後輩になっていたかもしれません。ご両親の気持ちを考えると胸が痛みます。心よりご冥福を祈ります。

     

     

     

     

     

     

  • パートナー・・・2016/01/15 at 5:42 PM

    111

     我が家の犬達です。愛玩犬ですがやはり犬だけあってなかなかやります(笑)最近は休みの日に波が無いと、こいつらを連れて(連れられて?)ハイキングコースを歩いています。これがなかなかあなどれません。地元鎌倉のハイキングコースは市の予算が無い事もありますが、木の根っこがそこここに露出していたり、道幅が数十センチしかなく片側は結構なガケだったりと、かなりワイルドなルートばかりです。三浦半島のコースも似たようなところが多く、道中ですれ違う高齢のハイカーの皆さんはかなりの重装備で両手にストック。本格的なスタイルの方ばかりです。特に靴は専用の物をチョイスしていかないと痛い目に合いますので、これから出かけてみようと思っている方は是非ネットで下調べしてからお出かけ下さい。今日の様に寒い日でも、お天気さえ良ければ大汗かくアップダウンがかなりありますので、冬枯れのコース散策にお出かけしてみてはいかがですか?

     ところで一口に犬と言っても、我が家の愛玩犬の様に小さなものから大型犬までその種類は様々です。私は父親の家系が大の犬好きだった為に、自分が生まれた時から現在までずっと犬と一緒に生活してきました。セッター、ポインターからダルメシアン、コッカーやシェルティなど大型から小型までいろいろです。皆、どんな犬でも頭は非常に良いのですが性格が異なり面白いですよね。残念ながら犬の寿命は人間よりはるかに短いので必ず辛い別れが訪れますが、彼らが与えてくれた想い出はいつまでも忘れられません。最近ではそんなペットのお墓を探して問い合わせをされる方も増えていますが、弊社ではペットの仏壇やお墓もございます。大切なパートナーの為の逸品をお探しでしたらお気軽にご相談下さい。

     

     

  • 1 / 212