• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • あなどれません!2018/10/27 at 11:04 AM

    IMG_2087

    お彼岸後から横須賀市営公園墓地で大規模な工事を行っています。正門入口からずっと歩道の整備を行っていますが、開園当時に植えられた樹木が成長し根っこが歩道を持ち上げてきたため、下から順に根切りと防護柵を設置してアスファルトを敷設し直しています。木の根っこの力は凄いもので少しずつですが歩道を持ち上げ凸凹に。昔はお墓にも植樹をされる方が多く見受けられましたが、お手入れせずに年月が経つと同様にお墓を持ち上げてしまい大規模な修繕工事が必要となります。ご自分の墓所だけならまだしも、傾いた外柵が隣り合わせの方にぶつかってしまったりすると大きなクレームの原因になります。気が付いたら早目に対応しないと余計な出費がかさみます。お見積りは無料ですのでお気軽にご相談下さい。

    IMG_3522

     

     

     

     

  • 限界…2018/10/20 at 11:55 AM

    yjimage

    今年は自然災害のとても多い年になりました。ネットで検索すると土石流に押し流されたり、地震で倒壊したお墓の画像がたくさん表示されます。この画像もそのうちのひとつですが、近年使用されている御影石で最近建墓されたお墓なのにひどい状態になっていますね。いかに大きな揺れであったかわかります。新規建立にあたりお客様とお話ししていると必ず出るのが地震対策についてですが、正直これだけの大きな地震であれば現在の耐震加工だけではどうにもなりません。液状化現象で住宅が傾いている様子なども盛んに放映されましたが、住宅ですらあの状態ですから言わずともですが…今まさにKYBの免震、制震装置のデータ改ざんが問題になっていますが、果たしてどの程度の改ざんだったのでしょうか。人間が作った装置であれば製品限界は必ずあります。それを上回る揺れであれば規格に合格したものでも壊れるでしょう。今回の北海道の地震はまさにその典型となりました。あの北海道地震の揺れと同等の地震が来ても壊れない?と聞かれたら現在の技術では残念ながらムリですと言うのが正直なところです。でもだからと言っていつ来るかわからない地震を警戒して、ずっとご自宅でお骨を保管する訳にもいかないですよね。どうしようか迷ったら一度ご相談にお越し下さい。様々なご提案をご用意しております。

     

     

  • わかっていても…2018/10/15 at 10:18 AM

    インターネットのおかげで今や様々な情報が一瞬で調べられる時代になりました。仏事に関しても事細かに記載されており、突然の不幸があった後いかに様々な事柄で苦労したか、不必要な費用を払ったか、など自身の経験を語っている記事がたくさんあります。しかしながら現実では『生きている間にお墓を建てるものではない』などの施主の一言で亡くなるまで建てられなかった、と葬儀後に来られる方がまだまだ多いですね。

     そんな中で49日の納骨に間に合うかどうかよく聞かれますが、例えば横須賀市営霊園の普通墓地に土地をお持ちの場合、基礎工事の為に区画を掘り返す事から作業が始まります。埋められている排水パイプを探しだしカロートを埋設。排水口と接続し通水試験後土間コンクリートを打ちます。横須賀市営霊園では重機の使用が禁止されているため職人さんが手掘りで頑張ります。お天気が悪ければ作業も日延びしますし、コンクリートの乾燥にも影響が…一昔前と異なり、既製の在庫は売れ残る心配があるのでどこの石屋さんも極力置きません中国から船で到着する外柵、墓石を待っての設置となります。49日までの工事となれば工事費用は当然割高になりますよね。生前に終の棲家だと思ってお建てになっていれば、他の工事の間に少しずつ進めて工事費用を抑える事が可能です。どうしても気になるのであれば外柵だけの工事も可能です。少しでも費用を抑えたいのは誰でも同じです。いよいよ消費税が上がるようですので今のうちにご相談下さい。

    1