• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 年月・・・2019/04/15 at 1:32 PM

    1

    横須賀では21日の市議会議員選挙に向けて候補者が熱弁を繰り広げています。普段お目にかかる事も無い方がたが、この時ばかりは街宣車に乗って笑顔で手を振ってくれます。さて投票率はどのくらいになるでしょうね。 

     選挙では4年に1回候補者の顔を見れますが、お墓に安置されているお骨に会うには基本的には次のご不幸がなければカロートを開ける事がありません。長寿の家系であれば50年近く経ってからというケースもありますよね。その間お骨は陽の当たらないカロートの中で静かに時を経てじっと次にフタを開けてもらえる日を待っています。密閉されている様に思えるカロート内ですがキッチリ全てをコーキングしている訳ではないので、小さな虫達にとっては快適な住処になります。アリやクモ、なめくじや節足動物達にとっては年中適度な湿度に保たれている素晴らしい住居です。素焼きの骨壷は彼らが這いずり回るので不可思議な紋様柄になり、寒暖差による結露でどんどん水が溜まります。納骨の前には事前にこれらを綺麗に清掃し、溜まった水を抜き、何事も無かった様に準備して行います。終わればまたコーキングしていつになるかわからない次回に備えます。そんな納骨前作業を弊社では2万円で、追加戒名彫刻は3万円で(いずれも税込)承っております。最近お問い合わせが多いのですが、消費税が上がるまではこの価格ですのでご希望の方はお電話かメールでお問合せ下さい。