• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 砂浜・・・2014/08/18 at 6:20 PM

    12

    砂浜を構成する『砂』とは直径2ミリ以下の体積粒子の名称ですが、ご存知のとおり石が細かく砕かれてできた単結晶です。お墓に使われる石材は言ってみればこの大元で、砂が地殻変動や火山の噴火時に急激に熱や圧力を加えられた事によって結晶が変化し固く凝固して出来上がった自然の産物です。どちらも地球が誕生してから気の遠くなるような時間の中で自然現象によって作られてきたものですよね。石が川に流れ、海に到着するまでにどんどん小さくなりやがて結晶になり海岸に堆積し砂浜を形成するわけです。

     ところで皆さんこの夏はどこか海水浴にお出かけになりましたか。ホームグラウンドにしている海水浴場をお持ちの方は、ちょっと前に比べて砂浜がずいぶん狭くなってきたなあ…なんて思いませんでしたか?今海岸の砂浜の消失が止まりません。湘南海岸では大潮の満潮時に134号線から見える砂浜はもうほんのわずかになっています。砂浜が浸食されているのかそれとも水位が上がっているのか正確なデータがなく理由ははっきりしませんが誰が見ても確実に砂浜は減っています。逗子ではNPO法人がこの事態に警鐘を鳴らしています。http://zushi.in/zushikaigan2009/ 5年前のデータでこの数値ですので今年は更に浸食、水位上昇していると思われます。私も通勤で毎日134号線を走りながら見ていますが、現状でもし大潮の満潮時に台風が直撃するようなケースが発生すれば今年は間違いなく逗子から材木座の134号線の基礎部分まで波が到達すると思われます。程度にもよりますが134号線が崩落するなんて事もそろそろあり得るかもしれません。心配ですね。鎌倉や逗子市ではかなりの予算を使って浜辺へ重機で砂を戻す作業も行っていますが、ひとたび南風が強く吹くと砂は簡単に飛ばされまたそれを戻す作業の繰り返し…堂々巡りになっています。海水浴の後肌に付く砂は何かと厄介者扱いされますが、もし海岸から砂が全くなくなってしまったとしたら…岩だらけの海岸では海水浴やサーフィンなんてできませんよね。!?ちょっと心配な今日この頃です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • スピード・・・2014/08/16 at 6:02 PM

    毎日暑いですが高校野球はまさに今が旬。中でも東海第4高校の超スローボール、話題になっていますね!ボールがテレビの画面からはみ出してしまうほどの山なりの球に今日本中が注目しています。そして話題になると必ず賛否の意見があれこれ出てきます。ルールで禁止されているならばともかく、この投球のどこがいけないのか私にもわかりませんでしたが某元アナウンサーのツイッターも案の定炎上しましたね。『少なくとも、投球技術とは呼びたくない。意地でも。』これ余計なひと言ですよね。これが無ければ騒ぎもここまで大きくならなかったのでは…?昔から『口は災いの元』と言いますので言わなくても良いなら言わないに越した事はありませんが逆にこれでもか!というくらいしっかり説明しておかなければならない事も世の中にはいろいろありますよね。 我々石屋の仕事もそのひとつで、相手が天然の石だけにいろいろなケースが発生します。ちょっと事例をご紹介しますと…①ある日突然墓石の中央に大きな筋が浮き出てきた②香炉のてっぺんが突然割れた③外柵の側面に人の顔が浮き出てきた…!?など、まだまだありますがこれらを解説しますと①のケースは御影石ではなかったので風化した石の具合がたまたま正面に目立って出てしまったケース。②は厳冬期にお線香を数束まとめて香炉に入れてしまい温度差でヒビが入ったケース。③は雨の後水分を含んだ部分がそう見えただけでしたが、こういった事例があると、次回から購入されるお客様に過去の事例を事前説明する様に心がけます。するとどんどん説明している時間が長くなってしまい、申し訳ないと思いつつも一生に一度あるかないかのお買い物をされる訳ですからしっかり説明しておかないといけませんし、お客様の顔色を見つつ大汗かきながら説明のスピード調整に四苦八苦しているのが現状です。あ、今まで購入していただいた皆様、長い説明にお付き合いいただきましてありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします。

    123456

     

     

     

     

     

  • 水・・・2014/08/14 at 12:58 PM

    20120718132834_50063b73002d5

    お盆に入りお墓参りにお出かけの方も多いかと思いますが、昨日テレビで福島第一原発付近のお墓参りのシーンを放映していました。原発至近の帰宅困難エリアでのお墓参りのシーンではいまだに倒壊したままのお墓に手を合わせる方々の姿がありました。石屋として心が痛む情景です。元通りとはいかずともせめて墓石を立ててあげたいです。ペットボトルの水を使って暑い中お墓のお掃除をしている姿には心を打たれます。しかしその姿に追い打ちをかける様なニュースが…

     福島第一原発で汚染水を遮断する為に作業されていた『氷の壁』が予定通りにいかずに結局断念する事になったそうです。この装置、導入当初からその効果にかなり疑問を抱かれており対費用効果からも懸念されていましたが大方の予想通りの結果になりました。250トンにものぼる氷やドライアイスを投入したにも関わらず結局効果なし。この結果に東電の白井功原子力・立地本部長代理は『十分な検討が不足していたという批判はその通り。失敗を次の糧にしていく。当初予定していたことができないことはあり得る』とのコメントを出していますが相変わらずの無責任発言ですよね。ここまでに一体いくらのお金がかかったのでしょうか。そのお金の出どころは?これ税金からですよね?報道には出ませんが人間が水を完全にコントロールする事なんてできません。事故からどれだけ日が経ったのでしょうか。いまだに試行錯誤の状況です。こうしている間にも汚染水は毎日確実に低い方へと流れ出しています。そして最終的には海に流れ拡散しているのです。

     我々は食べるものが無くても1週間くらいは生きていけます。でも水が無ければ3日と持たない生物です。水道をひねれば簡単に水が出る日本、我が家もそうですがこの時期水道水で麦茶を作っている方も多いのでは?水道料金を払っているにも関わらずその水が目に見えない放射能でいまだに日に日に汚染されていく現実…少子高齢化もさる事ながら子供達の未来は本当に大丈夫なのでしょうか?

     

     

     

     

     

  • アプリ・・・2014/08/11 at 5:41 PM

    20120718132834_50063b73002d5

    電話と言えば今や真っ先に携帯電話を思い浮かべますよね。総務省のデータによれば平成19年度の全国固定電話普及率が90.7%携帯電話普及率が95.0%と7年前ですでに携帯電話の方が上回っています。ここ数年は携帯電話もさらにガラケーからスマホへとシフトされています。電子機器の進化は凄まじいスピードで私も機種交換するたびにその使い方に四苦八苦しますが、ひとたび覚えてしまえばその便利さには感心するばかりです。中でも今話題なのはラインですよね。2014年4月全世界でのユーザー数が4億人を突破したアプリですが大手企業でもラインを業務連絡に使っているところが増えており、個人では今や小学生からご年配の方々まで当たり前の様に使いこなしていると思います。ラインの基本システムは通話とメッセージの2つですが、通話よりもメッセージのやり取りにおいて簡単にグループを作ったり、お気に入りのスタンプを送る事ができ、メールと違って相手先が内容を確認したかどうかわかる『既読』表示がある事が爆発的な普及を生んだ理由と言われています。確かにこの『既読』便利ですよね。私の場合両親にメールを送ってもなかなか返事が来なくてイライラした事があり、両親がスマホに変えた際に真っ先にインストールしたのがラインでした。これなら入力操作に不慣れな年配者が苦労して返信を入力しなくても確認した時点でこちらに『既読』表示が出ます。さらに『OK!』という内容のお気に入りのスタンプを返信してくれれば意図が伝わった事が確認できる訳ですから。

     最近では仕事でもお客様にお墓の工事の経過写真などを送る際にラインを使っています。メールだと相手のアドレスが必要ですが先方がラインを使っていれば簡単に写真も添付できます。注文してから完成まで時間のかかるお墓の工事では、随時進行状況を簡単に報告できるのでお客様にも大変好評です。まだ使っていない方は是非お試し下さい。

     

     

     

     

     

  • 8月10日・・・2014/08/10 at 5:57 PM

    trd14051610280010-n1

    今日は何の日?と調べた事はありますか。8月10日は『道の日』とか『帽子の日』『鳩の日』などと制定されているようです。地元ネタになりますがちょっと前まで8月10日は鎌倉の花火大会の日でもありました。残念ながら様々な事情によりここ数年は開催日がころころ変わっておりますが…また『鳩』の日で思い浮かぶのは豊島屋の鳩サブレー(笑)老若男女問わず鳩サブレーを嫌いという方はあまり見た事が無い銘菓です。私も小さい頃からこれだけは変わらず大好物です。もちろん皆さんもご存知だと思いますがまだ食べた事が無い方は是非一度お試し下さい。

     ちなみに今年はこの豊島屋さん、鎌倉海水浴場のネーミングライツでも話題になりました。最近話題のネーミングライツですが資金繰りに苦しんでいる企業だけでなく、県や市も積極的に始めていますね。施設や地名などにスポンサー名をつけるだけで数千万から億単位の収入が入ってくるんですから財政状況が厳しい県や市では頼らざるを得ないのが現状でしょう。しかしその名称が似つかわしくないとかふさわしくないなどとひと悶着あるのもこれまた事実。くだんの鎌倉海水浴場の件でも市が公募した途端ネット上で賛否両論大騒ぎでした。結局豊島屋が今まで通り特に名称を変えないとした事で事無きを得ましたが、施設などと違って海水浴場などに名称を付ける難しさが浮き彫りになりましたね。 

     材木座で波乗りしている私個人としてもやっぱり名称はそのままで良かったと思った一人です。だって友達が遊びに来た時に『じゃ、鳩サブレービーチで波乗りしようぜ』って言うのは、この年だとちょっと恥ずかしいかもしれませんから…!?

     

     

     

  • 風・・・2014/08/09 at 4:37 PM

    中学生の時から波乗りをしている私にとって、台風は良い波を運んできてくれるものと言う認識ですが一般には大きな災害を引き起こすやっかいものですよね。現在台風11号と13号が日本の南海上を進んでいます。速度と方向が異なるので今回は影響しあう事はなさそうですが、ただでさえ大きな台風の場合2つが影響し合って更に大きな被害が出る場合があります。現在の進路で予想すると今回横須賀方面では大雨が心配ですね。今夜から明日にかけてはかなりの雨になりそうです。急傾斜地が多い横須賀では雨による増水、地盤の崩壊などに警戒が必要です。そしてもうひとつ怖いのが風。なぜか最近では国内のあちこちで竜巻が発生したニュースをよく見るようになりましたね。その原因はいろいろ言われていますがこれだ!と言えるものが無いのが現状です。しかも竜巻に関しては気象庁が発表しているナウキャストhttp://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/toppuu/tornado3-1.htmlを見てもわずか10分前でなければ警告を出せないほど予測が困難な状況です。これでは危ないと思ってから避難しようと思っても間に合いません。現実に竜巻が発生するほどでは無い場所であっても台風による風の影響は不規則であり、当霊園においても過去に塔婆が風に煽られて御影石の塔婆立てが壊れた事がありました。重量で見れば1枚数百グラムの木製の塔婆でも、同時に数枚が強風を受ければかなりの力になるんですね。この古くなった塔婆、当霊園ではお客様に下げていただく場所を設けてあります。ご法事で新しく塔婆を入れられた際はこまめに古い塔婆を下げていただく様にご協力をお願いします。塔婆立てが壊れる前に是非。

    IMG_8755

  • 音楽と歌・・・2014/08/04 at 6:42 PM

    佐原霊園 191

    一口に音楽や歌と言ってもいろいろなジャンルがあります。歌謡曲からポップス、演歌に童謡などなど…どんな人でも今まで一度も音楽を聴いたことが無い、歌を歌った事が無いなんて人はいないですよね。幼稚園や小学校でも音楽や歌の時間はありますし年齢にかかわらず何かをしながらつい鼻歌を口ずさむなんて経験は誰でもあるはず。例えばお医者さんの待合室に心休まるBGMがさりげなく流れていたりすると心理的に落ち着きませんか。車の中でお気に入りの歌手の曲を口ずさむと何だかうきうきしませんか。これらの効果は人間ばかりではなく例えばある野菜を育てる際に音楽を流しておくと甘味や養分が増すという結果が出たそうです。音楽や歌には人間だけでなく生物全てに対して様々なパワーや効果ががあるんですね。確かに我々も野球やサッカーなどのスポーツで応援歌を歌う事によって気持ちが昂りますし、国際的なゲームでは国家斉唱で気合を入れます。失恋すると悲しい曲を聴いて涙し、結婚式ではハッピーな曲を流します。こうして気分を盛り上げていますよね。一説によると歌を歌う事は結構な有酸素運動であり、脳内ホルモンの分泌が盛んになりストレスホルモンが減るなど良い事づくめだそうです。8月に入り暑い日が続きますが夏バテ気味の方、たまにはカラオケでも行って思いっきり歌ってみてはいかがでしょうか。

     そうそう佐原霊園でもお墓に楽器の小物を作って置かれている方がいらっしゃいます。音楽や歌が大好きな方はリクエストにお応えしてあれこれお作りしますのでお気軽にお問い合わせください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • タマムシ・・・2014/08/03 at 6:15 PM

    1407053552113

     

    先ほど園内で見つけたタマムシです。このあたりもまだまだ自然が豊富。タヌキが出てきたりクワガタやカブトムシも見かけます。でもこのタマムシ最近はすっかり見かけなくなりました。どのくらいの生息数なんでしょうね?写真でもメタリックに輝くなんとも言えないこの色がおわかりいただけると思いますがまるで人工的に作ったかの様な見事な色目ですね。こんな小さな虫になぜこんな素敵な色を与えて作り出したのか、自然のなせる技としか言いようがありません。調べてみると天敵である鳥などがキラキラ輝くモノを恐れる習性を逆手に取った進化の結果だそうですが、同じくらいの大きさのカミキリムシをはじめ、たいていの昆虫が地味な保護色をまとい周囲と同化して危険回避するのに真っ向から対峙した進化系ですね。うーんやるなあ!ところで法隆寺の玉虫厨子は実際にこのタマムシの羽を使って装飾しています。厨子とは経典や仏像、位牌などを安置する神聖な仏具。現代の様に着色技術のなかった昔、この虫の輝きはやはり人々の心を強く惹きつけ崇高な仏具の装飾に使われたんですね。今日佐原霊園内で見つけたのもきっと何かのご縁? 

     そうそう、昔はタマムシを箪笥に入れておくと着物が増える、と言われたそうですが私はお財布に入れておこうかなぁ…明日起きたら札束がギッシリ!なんて夢くらいは見れるかも…!?