• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • そろそろ・・・2016/06/11 at 3:50 PM

    樹木葬についての記事が

    ヤフーのニュースに掲載されましたのでそのままコピーを貼り付けます。

     

    <樹木葬>墓地を森林に再生 自然回帰志向・墓不足で注目

    毎日新聞 6月11日(土)11時12分配信

     

     樹木周辺に遺骨を埋葬する樹木葬に、国内で初めて環境団体が乗り出した。千葉県内の土砂採石跡地に樹木葬墓地を開設。その運営で得た収益で墓地を森林に再生させることを目指す。自然回帰志向の高まりや都市部の墓不足から注目を集めている樹木葬は、「終活」と自然保護の両立を果たせるのか。「死んだら自然に返りたい。散骨もいいが、子どもらが『墓参りの場所がなくなる』と反対する。お参りできる樹木葬なら納得してくれるでしょう」千葉県長南町にある樹木葬墓地「森の墓苑(ぼえん)」で4月に行われた現地説明会に参加したさいたま市の牧野拓弥さん(75)はこう話した。墓地を運営するのはビオトープの普及や動植物の調査などを行う公益財団法人日本生態系協会(池谷奉文会長)。説明会には60~70代の夫婦らが参加した。

     協会によると、墓地を整備した土地は尾根を切り開いた土砂採石跡地で、業者が倒産して放置されていた。周辺には首都圏では珍しいゲンジボタルの自生地があり、協会は森を再生させる価値は高いと判断したが、土地の購入費用が難点だった。そこで樹木葬に着目。自然保護のために森林を買い取る「ナショナルトラスト」の発想で、採石跡地周辺の林を含む約3万7000平方メートルを取得し、そのうち約1万平方メートルの敷地に墓地を開設した。墓地には1~2人分の遺骨を納める個別墓を計1400区画、各200人分の遺骨を合葬する計4区画をそれぞれ整備。利用者は墓石の代わりにコナラやミズキなどの苗木を植えられる。故人のネームプレートも設置できるが、朽ち果てることを想定。管理委託料は個別墓は65万円から、合葬墓は30万円からで、協会は墓地運営の収益を森林再生の資金に充てる。これまで現地説明会に約180人以上が参加し、生前契約は約15件となった。協会は、全区画で埋葬を終えてから約30年間は、樹木の維持管理や墓参に必要な通路の草刈りを続ける。その後は作業の頻度を減らし、自然の回復力に委ねる。堂本泰章理事は「50年かけてゆっくりと墓地を森に戻したい」と意気込む。
     樹木葬が注目される背景には、都市部での深刻な墓不足もある。例えば東京都は、都立霊園の墓地面積は変わらないが、墓地の需要が2025年には05年時点より1.5倍に増えると試算している。樹木葬は通常の墓地に比べ、都市部で土地を確保する必要がなく、企業やNPOが手掛けるケースが増えている。12年には都立小平霊園(東京都小平市、東村山市、東久留米市)が樹木葬を募集、定員500人に対し倍率は16倍を超えた。

     樹木葬に詳しい池辺このみ・千葉大教授(環境造園デザイン学)は「遠く離れた菩提(ぼだい)寺にある墓を守ることに煩わしさを感じる人は多い。環境意識の高い都市部の住民が、墓への投資が自然再生に役立つことに魅力を感じる可能性もある。樹木葬は割安感もあり、希望者は増えるだろう」と話す。ただ、業界団体「全日本墓園協会」の横田睦・主任研究員は「社会的な理解が十分広がっていない樹木葬を遺族が受け入れられるか。埋葬後にトラブルがないよう、親族でよく話し合う必要がある」と、安易な利用に警鐘を鳴らす。【五十嵐和大】

     

     ◇ことば【樹木葬】

     樹木を墓標とする埋葬方法を指す。遺骨を海などに散布する「散骨」と異なり、地方自治体に認められた事業者が営む墓地で行われる。日本では1999年、岩手県一関市の寺院が樹木葬墓地を開設したのが始まりとされている。

     

  • 本末転倒・・・2016/06/09 at 4:43 PM

    yjimage
    今日のニュースに、天台宗総本山・比叡山延暦寺(大津市)の施設「延暦寺会館」の副館長を務める男性僧侶(40)が修行僧の男性(25)の顔を殴り、耳の鼓膜が破れるけがをさせていたことが9日分かった。延暦寺は副館長を5日から謹慎処分にしている。との記事がありました。正直『またかよ!?』という気分です。と言うのも少し前に、世界遺産・真言宗総本山、仁和寺(にんなじ、京都市右京区)で、食堂の元料理長の男性(58)が349日連続勤務や1カ月の時間外労働が最長約240時間といった過酷を極める労働環境を強いられ『抑うつ神経症』を発症したとして寺に慰謝料などを求めた訴訟を起こした、という話が公表されたばかりだからです。しかもこの仁和寺の訴訟については4月に判決が言い渡され、京都地裁は『極めて過酷な長時間労働を強いて、多額の時間外手当を労働基準法に違反して支払っておらず悪質』と結論づけ、寺側に計約4200万円の支払いを命じ、寺側も控訴せず確定しています。いずれも在来仏教の総本山、仏の教えを庶民に説くのが仕事のはずなのに、暴力や過酷な労働でもって個人を攻撃するなんて本末転倒、言語道断。まさかこれも修行のうちだなんて言わないですよね?この様な話を度々見聞きすれば、今の日本人が宗教離れをおこし、無宗教化が加速するのは無理もありません。閉ざされた世界の中でなら話は漏れないだろうなんて一昔前の話。延暦寺の件についてはまたしても週刊文春がスッパ抜いています。現代マスコミ恐るべし。まさに壁に耳あり、障子に目ありですね。
     
     
     
  • 要、不要・・・2016/05/27 at 1:01 PM

    image

    先日の朝日新聞の記事からです。

    東京電力福島第一原発の汚染水対策として1~4号機を「氷の壁」で囲う凍土壁について、凍結開始から1カ月半以上経過しても土壌の温度が下がりきらず、計測地点の約1割で凍っていないとみられることが25日、分かった。東電は、特に温度が高い場所は今後も凍らない可能性が高いとして、原子力規制委員会に追加工事をする方針を伝えた。地下水の流れが速く凍りにくくなっていると見て、セメントを流し込むなどの工法を検討している。 凍土壁は1~4号機建屋の周囲に1568本の凍結管を地下30メートルまで埋め、零下30度の液体を循環させて土壌を凍らせるもの。建屋に流れ込む地下水を遮断し、新たな高濃度汚染水の発生を抑える狙いがある。これまでに約345億円の 国費が投じられた。
     東電は、まず建屋の海側を中心に約820メートルの全面凍結を目指し、3月末に凍らせ始めた。東電によると、凍結管近くの地中の温度は、5月17日時点で、約5800カ所の計測地点の88%しか0度以下になっていない。なかには10度ほどと高いまま推移している地点もあるという。こうした地点は、凍結管を埋める工事の際に目の粗い石が多く確認された場所だといい、石の隙間を地下水が速く流れ、凍りにくいとみられる。氷の壁にいくつもの穴が開いているような状態で、東電はセメントや薬剤を流し込んで塞がりやすくする方針との事。

     

    こちらは私が以前に書いたものです。http://hamaseki.co.jp/2015/04/11/

     

    結局、345億円もの税金を使っても、いまだに高濃度の汚染水は海に放出され続けています。この装置の維持管理にかかる費用や、追加工事にかかる費用はいったいいくらになるのでしょうか。それでもこの国は原発に頼るのでしょうか。今年の夏はエルニーニョ現象により猛暑が予想されています。今でさえ凍らないシステムが、夏の猛暑に耐えられるのでしょうか。自然界での自浄効果にも限界はあります。自らの手に負えないものを巨額の費用をかけて作り出し、更に巨額の税金を使って手に負えず、最後はタダで海に垂れ流す。そしていつかそのしっぺ返しを食うのは、我々の子供達の世代です。それでも原発は必要ですか?…

     

     

     

     

     

     

  • アベノミクス・・・2016/05/08 at 10:56 AM

    5

    安倍内閣が得意げに掲げた経済政策を『アベノミクス』とカッコよく呼び、日本の景気は上向いていると連呼し続けていましたがその恩恵を皆さんは現実に感じられましたか?止まらぬ円安株高、上がらぬ給与、更に連発する天災による打撃など、今の日本はほぼ死に体と言っても良いでしょう。

     それを裏付けるのが、あの飛ぶ鳥を落とす勢いで伸びていたユニクロの失速です。柳井神話とまで言われた数年前の売り上げ高はどこへ?失敗の大きな原因は度重なる商品の値上げにあったと言われています。経営者のかじ取りにも問題があったのでしょうが、値上げの陰にはアベノミクスの強気の発言に載せられた部分も大きかったのではないでしょうか。景気が回復基調にあるのなら多少の値上げは大丈夫だろうとの読みが裏目に出たと思います。それにしても売り上げ5兆円目前の企業が、わずか10%程度の値上げによってこうも簡単に失速するとは思いもよりませんでした。それだけ消費者は商品内容と価格に敏感になっているのでしょう。西友は『プライスロック』をキーワードに同一商品を半年間価格固定して売るという、流通業では掟やぶりのギャンブルに挑戦中です。これらを見ても、とても今の日本の消費者に余力があるとは思えません。それでも消費税10%への値上げはあるのでしょうか!?

     日常生活用品のみならず、我々お墓の業界でもこの流れは止まらぬばかりか、ますます『少しでも安いお墓』をとの問い合わせが増えています。昨晩NHKで放送された『お墓のゆくえ』をご覧になりましたか?最後に出てきた横須賀市の担当者の方の語り口調が全てを物語っていましたね。身内がいない訳では無いのに引き取られないお骨が存在する現状。複雑な事情があれば別ですが、生きていくにはそこまでしないとという方がこんなにも多い今の日本の現状こそがお墓のスタイルを変えているのではないでしょうか。数年後、一体その時どんなお墓が支持されているのでしょうか。考えさせられた内容でした。

     

     

     

     

     

     

  • 商売抜きで・・・2016/03/12 at 1:24 PM

    DSC_1091

    岡山のペットショップ『chou chou シュシュ』http://www.chou-chou.co.jp/は昨年犬や猫の販売をやめたそうです。そして保健所などで引き取り手を探していた、犬や猫などの里親先探しを無料で始めたとの事。営利企業がこの様な業態転換を行うのは非常に珍しいですよね。新規にペットを飼いたいと思っている人と、保健所で殺処分を待っているペットの架け橋を行いたい、そんな思いを実現させたのですね。しかも寄付などを受け付けず、商品を購入してもらいその売り上げの一部を運用費用に使用するという手段で、企業としての売り上げも保持しつつ、譲渡の仲介を行っているそうです。なかなか思っても実行できる事ではありません。この様な企業は是非応援したいですね。

         佐原霊園でも、このお彼岸から殺処分0を目指して活動されている『ペットの里』https://pets-sato.net/の募金箱を設置いたします。ペット好きのお客様が多い当霊園だけに、是非皆様の暖かい気持ちでご支援いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
       
     
  • メディアミックス・・・2016/03/07 at 5:50 PM

     

    20160307-00055111-roupeiro-002-9-view

    今の日本を象徴する話題を見つけたのでご覧下さい。まずはツイッターで先日『保育園落ちた日本死ね』と題した内容があっという間に拡散しメディアでも取り上げられた結果、ついに国会で阿部首相が『匿名なので起こっていることを確認しようがない』と答えるに至った内容です。これに対して『♯保育園落ちたの私だ』と回答者が現れ、国会前でデモの様な活動が行われたというものです。

     面白いのはこのデモの様な活動が、特定の団体によって行われたのではなく、ネット上での趣旨に賛同した見ず知らずの方々が自発的に集まり行われた事ですね。一般にオフ会と呼ばれるネット(仮想空間)上でのつながりをオフ(オフライン=リア現実)で対面して行う事ですが、同種の趣味などでは盛んに行われている事が、この様な事例で行われたのはおそらく初めてではないかと思います。つまり当日集まった方はほとんどが初対面なのです。

     従って通常ならばどこかで集合して団体で行進してくるのに、時間になると四方八方から一人、二人となんとなく集まってきて、やがて20人程度の集団になったそうです。写真でもわかりますが、主催者側よりも取材者側の方が人数が多いくらいです。デモというかPR活動というか、その内容もほとんどの方が黙ってプラカードを国会議事堂に向けて黙って立っているだけで、シュプレヒコールがある訳でもなくリーダーもいない。はたから見れば説得力に欠ける集まりだったそうです。でもこれが今の日本人のスタイルになりつつあります。『匿名なので起こっていることを確認しようがない』と発言した阿部首相に対し、ちゃんとそう思っている人がいますよ、と証明しつつ一億総活躍社会と言っているんだから問題になっている内容に対応してくれとやんわり訴えています。そしてそれをメディアが取材しネットとTVの両面で拡散されていく。実は商売の世界で誰もがやりたがっている最も効果的なPR方法を、ツイッターやFBを使って素人がお金をかけずに成功させる時代になっている訳ですね。もちろん誰もが共感できるテーマでなければここまでにはならないでしょうが、こうしたケースはこれからもますます増えて行くでしょう。国や仕組みをより良い方向へ変えられるのであれば大歓迎ですね。

     

     

     

     

    •  
     
  • 電気、ガス、水道・・・2016/03/03 at 5:18 PM

    20120718132834_50063b73002d5

    あっという間に3月ですね。ブログはページ数が増えすぎているのでFBメインにしていきます。よろしければ

    https://www.facebook.com/%E4%BD%90%E5%8E%9F%E9%9C%8A%E5%9C%92-823498764341425/ こちらをご覧下さい。

     ところでお墓参りに行かれる際に、皆さんお掃除されますよね。よく聞かれるのが『お墓には上から水をかけてはいけない』と言うがあれは本当か?という事。一説には仏様に頭から水をかけるのと同じだから避けた方が良いなどと書かれていますが、未だに解釈は様々な様です。石屋の立場から言えば、現在の本磨きのピカピカの墓石であれば、通常は水に濡らした布で拭きあげるだけで十分綺麗になりますが、鳥のフンがこびりついていたり、夏場カラカラに乾燥している際は汚れを浮き上がらせてから拭かないとキズをつけてしまいます。お掃除に水は大事ですよね。

     そういえば千葉県のある学校で、昨年夏プールの給水口を閉め忘れて18日間水を出しっぱなしにした為、400万円以上を水道局から請求されたケースがありましたが、結局校長、教頭、担当教諭の3人で払う事にしたそうです。電気、ガス、水道の中では最も安い水とはいえ、これだけ流せばその金額も凄い事に!佐原霊園でもお線香の着火用のガスボンベやお水は管理費から支払っています。水は滅多にありませんが、最近はお線香に着火した後にガス栓を戻さずにボンベが空になってしまうケースが多々見受けられます。ボンベ1本であれば金額的にはたいした事ありませんが、加熱して破裂などすると危険です。これからお彼岸でお参りが多くなりますので複数人でお越しの際は消火確認をよろしくお願いします。

     

     

  • 脆弱性・・・2016/02/25 at 5:13 PM

    yjimage

    脆弱性とはセキュリティーに対する欠陥の事でコンピューター用語ですが、パソコンやケータイではなくまさか自動車でこの言葉を使うとは…

     日産自動車の電気自動車『リーフ』の専用アプリに、他人のリーフのエアコンなどを遠隔操作できてしまう脆弱性があることが分かりセキュリティ研究者が2月24日、ブログで詳細を公表した。地球の裏側から他人の車を操作する実証ビデオも公開しているとの記事がありました。少し前にアメリカのジープでもありましたよね。ジープの際は実際に車を走らせることができたのでかなりの脅威でした。今回のリーフでは運転操作はできなかった様ですが、車の進化とともにどんどん増えるコンピューター部品や、ネットを利用した機能は便利になる反面セキュリティー機能の強化が必須です。日産の広報は英BBCに対し『NissanConnect EV』アプリに関連したデータ問題については認識している、としながらも『車の運行や安全性にはいかなる影響もない』と強調し、問題の修正に向けた対応を進めていることを明らかにしたそうですが、電気自動車であるリーフのエアコンが付けっぱなしで放置されたならばすぐにバッテリーは上がってしまうでしょう。またその際に車内に子供やペットが乗っていたら…命に関わる危険性が少しでもあるのならば大至急の改善が必要ですよね。

     自動ブレーキやセンサーにより事故を未然に回避する機能などや、リーフの様に排気ガスを排出せず大気を汚染しないなどは大歓迎ですが、その裏に自分ではどうする事もできない危険性が潜んでいては困ります。朝起きたら車がなかった…なんて事だけは勘弁して欲しいですよね。