• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 生花と造花・・・2016/02/22 at 5:00 PM

    P8230040
    仏壇やお墓には『生花』を上げなければいけないと親や祖父母から言われた、と言う方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。昔からの言い伝えのひとつですね。管理事務所の所長をしている私もたくさんのお客様に何度も聞かれた事があります。今でこそネットで何でも検索できる時代になりましたが、一昔前は親や親戚からの言い伝えが人を育ててきました。仏壇やお墓にお供えするお花は昔は庭先に咲いていたものをお供えしていました。日持ちしない生花ですから毎日新しいものに替える手間暇をかける事が自分自身と仏様への供養だと言われていたのです。その教えを我々は忠実に伝承してきました。
     やがて経済の発展とともにお花屋さんがたくさんできてお花は買うものになりました。そして現代では女性も社会に出る時代になり、パートや仕事を持つのが当たり前に。家を守り家事を行う女性の役目はすでに過去のものとなりました。心の中ではもっとお墓参りに行きたい、そう思っても休みでなければ行けません。やっとの思いで行ったお墓には枯れ果てたお花と悪臭を放つお水が・・・仏様に『こんなになるまで来れなくてごめんなさい』と謝った経験のある方も多いのではないでしょうか。
     時代は変わります。現代では昔と同じ様に行うことが難しい事もたくさん出てきました。仏壇やお墓のお花を本物以上に綺麗で立派な造花にする事がなぜいけないのでしょうか。むしろひどい状態で放置されたままのお花を長い間放っておく方が気になりませんか。我々がお墓参りに行くのはご先祖様への供養の気持ちと感謝を伝えに行くからです。綺麗な造花で飾ってあげる事に何も問題はありません。ただし、お参りに来られた時はご先祖様に心を込めて供養の気持ちを伝えて下さい、とお話しています。
     
    ・佐原霊園では生花と造花を交互にご利用いただけるシステムを実施しております。詳しくは管理事務所までお問い合わせ下さい。
     
     
  • 宗教法人・・・2016/02/14 at 5:08 PM

    01

    私は普段TVはほとんど見ないのですが、昨夜はたまたまニュースからチャンネルを変えた際に池上彰の番組をやっていたので何気なく見てみました。すると『宗教法人って何?』というタイトルが出たのでちょっと真剣に…ゲストが数人いましたが中でも芥川賞作家の羽田圭介さん、言いますね!歯に衣着せぬ物言いに思わずTVの前で爆笑してしまいました。そして宗教法人=何でもかんでも非課税なのか?という問いに対してはゲストに予想してもらう形式でわかりやすく解説していましたね。お守りやペットの供養などについて実は非課税、課税の解釈が別れているのもわかりました。驚いたのは、営利を目的としない公益法人であるのに収入が8000万円以下であれば税務署への申告が必要ない事。サラリーマンや自営業者であれば、この金額なら毎年の様に税務署か査察に来るでしょう。それが宗教法人であればおとがめ無しなんですからなんともうらやましい限りです。

     しかしながら法律で手厚く保護され、その施設や内部の様子が一般人にわかりにくいうえに豊富な資金を持っているからこそ、一歩間違えるとその代表者の考えひとつでオウム真理教の様な宗教法人が出てくる可能性もあるんだと番組では警告していました。また街頭インタビューではほとんどの方が信仰する宗教は特に無いと答えていましたが、これだけ神社仏閣を抱える日本でこの答えは、宗教に対する一般の人の考え方が想像以上に様変わりしてきている事を暗に証明しているのではないでしょうか。風景として写真に撮ったものをSNSなどに投稿する方は大勢いますが、信仰の対象として熱心に崇拝している、と言う方がどれだけいるのでしょうか。佐原霊園の納骨堂『やすらぎ』でもプレートに刻まれるのは年々戒名ではなく俗名になっています。この流れはもう止められないのでしょうね…

     

     

     

  • ブラック・・・2016/02/13 at 5:05 PM

    1

    今日は少し長いですが、今ネットで話題になっている武蔵大学の千田有紀さんが書いた『大学というブラックビジネス 人生のスタートから借金漬けになる学生たち』をお読みください。今まさに毎日受験であちこちの大学へ足を運んでいる息子を抱える私としてはとても考えさせられる内容でしたので是非参考までに。

     

     体調を崩して大学を辞めたいという学生の奨学金の書類を見て驚いた。月々10万円、4年間で合計480万円を借りた結果、金利は3パーセントで、最終支払額が700万円を超えている。日本学生支援機構で借りた奨学金である。日本学生支援機構は、以前は日本育英会だった業務を引き継ぐ独立行政法人であり、大学生がまず奨学金を申し込むのは、ここである。暗澹たる気持ちになった。就職先もなく、働ける見込みもないまま、結局700万円以上の借金を背負い、この学生の将来はどうなるのだろう。まさにマイナスからのスタートである。現在私が借りている住宅ローンは、変動金利とはいえ、金利が1パーセントを超えたことはない。住宅を購入するための金利をはるかに超える金利が、教育を受けるために課されている。驚くべきことではないか。もちろん成績優秀であれば、無利子で借りることも可能ではあるのだ。しかしそれだからこそ、有利子で借りる学生は「自分の力が及ばなかった」と自分を責めやすい。 

     教授会には、授業料の延滞者のリストが回ってくる。授業料の遅延者の氏名を知ったあと、どうするかは悩ましい問題だ。保護者のまったくのミスで授業料を払い忘れ、退学になった例もあるからである。しかし先生から、「授業料が振り込まれていないんだけど」とは言いにくい。毎回出てくる氏名には、気が付かないふりをするしかない。かつて授業料を払えない保護者のために、大学がローン会社と提携して、紹介することになった。しかしすぐにそれはあまり意味がないことが判明した。大学の授業料を滞納する保護者の多くはすでに債務者であり、ローン自体が組めなかったのである。考えてみれば当然である。親にとって、子どもの授業料はなにはともあれ払ってあげたいものだろう。それを滞納しているのだから、相当に行き詰っているのだ。

     私自身は大学教育に意味があると思っている。それまでの教科書に沿った暗記が主となる授業とは違い、自分で考えること、批判的な精神、自由な想像力、そして一般的に教養と呼ばれるもの、そういうものを身に着けることができるところが大学である。もちろん、それは高校でも可能ではあるし、大学を出たからといってできるひとばかりではないだろう。それでも多くのひとが働いているなかで、4年間、いっけん「無駄」とも思える時間を過ごさせてもらうことは大切なことであると思っているのだ。そう思わなければ、大学の教員などやってはいない。しかしこれほどの借金を背負ってまで行く価値のあるものかと問われると、歯切れは悪くならざるを得ない。以前のように高卒でも、きちんと職がある時代も終わった。大学を出ていたほうが、まだ有利ではあるだろう。しかし大学を出たからと言って、職があるという保証もない。この奨学金は、運よく一流企業に就職できたならば返還できる額だろうが、そうでなかった場合には、マイナスからのスタートである。まさに博打としか言いようがない。勤務校の名誉のために言っておけば、自分がかつて受けてきていないほどのきめ細やかな指導がなされているし、授業料以上の教育がなされていることは自負している。そこは自信をもって断言できる。しかし裕福ではない層にとって、大学進学自体があまりのリスクを抱え込むことになってきている。

     私が大学教員になれたのは、日本学生支援機構の前身の日本育英会の奨学金のおかげである。借りた期間は短いものの、数百万円の奨学金を「貰う」ことができた。大学の先生という免除職につき、15年間連続して勤務した結果、返還義務がなくなったのである。かつての大学院の進学者を支えていたのは、この日本育英会の奨学金とこの免除規定である。しかし免除職の規定はなくなり、日本育英会もなくなった。小泉政権の「改革」の一環である。当時、「まだ公平な奨学金制度はなくすべきではない。社会の公正、格差の問題なのだ」と言ってはみても、「あんたみたいに貰い逃げする人間がいるから、無駄で不平等な制度だ」と周囲の反応は鈍かった。制度の改変とその結果の出現には、タイムラグがある。

     近年は「できる」学生は損得勘定をして大学院を選択しなくなってきた。優秀な人材が大学教員などにはならず、民間に流れる潮流は歓迎すべきことなのかもしれないが。奨学金を貰ったあとの重苦しい気持ちは、いまでも覚えている。博士論文を書くときに逡巡したのは、論文内容よりもまず、博士号を貰ってしまい学籍を抜いてしまったあと、2年間で就職できるかどうかだった。2年間のうちに就職がなければ、免許規定が適用されず、職がないまま返還が始まってしまう。数百万円の借金を返還しながら、東京でひとり暮らしをしつつ、学業を続けていけるだろうか。心細さで、押しつぶされそうだった。働きたい気持ちはあった。でも就職先がない。

    多くの学生に同じような気持ちを味あわせているとしたら――内心忸怩たる思いである。日本の大学の授業料の高さは、世界的にも異常である。ヨーロッパはほぼ無料に近い。しかも上昇を続けてきた国立大学の授業料を、私立大学並みにするという。日本の大学授業料の公費負担は32.2パーセントにすぎない。OECD諸国の平均は、72.6パーセントであるというのに(授業料や奨学金についての文部科学省説明資料はこちらを)。成績優秀な学生にひらかれていた、せめてもの進学機会すら、奪われようとしている。望ましい社会制度についての構想力を、私たち皆がもつ必要があるのではないだろうか。

     

     前代未聞の日銀のマイナス金利導入の影響は株価や円高に現れ、毎日メディアで報じられています。一部の大手を除けば、どこの企業も必死で利益を出そうともがいています。そんな姿を見ながら、子供達は将来自分がどんな職業に就くのかを考える期間として、大学生活で試行錯誤しながら人間性を磨いていくものだと思っていましたが、現在ではそれ以前の問題としてこんな状況になっているんですね。富裕層の子供でなければ大学進学ができない現実。願わくば孫子の代までに国主導で改善して欲しいと思うのは私だけではないですよね。

     

     

  • 散歩・・・2016/02/11 at 5:20 PM

    生き物大好きな私ですが、中でもとりわけお気に入りなのはやはり犬の存在です。様々な種類の犬がいますがどのタイプも共通するのはとても頭が良い事。我々人間の言っている事はたいてい1歳になるまでに理解します。多くの犬は元々狩猟の相棒として人間と共生してきましたので、本能として人間に従順であり、そこがまたかわいいところですね。日本では愛玩犬として小型化された種類が人気ですが、我が家のマルチーズとトイプーの2匹も小さい割にはアクティブで、私が休みの日には結構な距離の散歩に連れ出しています。

     最近お気に入りなのはハイキングコースのトレッキングですが、湘南エリアのハイキングコースはアップダウンもさることながら、自然のまま手を入れていないので足元もかなり悪い状態です。この時期はほぼ全面枯葉に覆われて滑りやすく、片側がかなり急なガケになっていたりと、ちょっと観光のついでに散策を…などという考えではとても無理なところばかりです。人間には手強いそんなコースでも、犬達にとっては本能を呼び覚ます絶好の散歩道です。アスファルトで舗装された通りばかりを歩かされる生活から解放され、落ち葉を蹴散らしながら走り回る彼らの姿は、普段の生活では決して見る事ができないほどパワフルですよ。運動不足な私にとっても、犬達と歩く時間は知らず知らずのうちに足腰の鍛錬にもなり一石二鳥です。寒い時季ほど汗もかいて快適ですので、犬を飼われている方は是非一度お試しください。

     佐原霊園ではペットの置物やプレートなどもオーダーにて作成いたします。大きさやタイプなどによってお値段も様々ですので、気になる方はお電話、またはメールにてお問い合わせ下さい。

    1

     

     

     

     

     

     

  • 生命力・・・2016/02/08 at 4:40 PM

    image

    地球温暖化が心配されている昨今ですが、地球上で最も二酸化炭素を吸収し酸素を放出してくれる代表格と言えば樹木ですよね。その樹木の中でも、剪定、伐採された後に回復する際の木々は急激に成長する事にともない通常よりもはるかに多くの二酸化炭素を吸収する事がわかったそうです。今までは山並みに生えそろっていて、人間の手の入っていない森林地帯などの木々が最も効率よく二酸化炭素を吸収していると考えられていましたがこの常識が覆されました。検証されたのは熱帯雨林地域ですが、データでは肥沃な大地でなくとも十分な降雨量さえあれば問題ないそうで、再生途中の木々は一般の木々と比較すると同じ面積では実に11倍もの多量の二酸化炭素を吸収していたそうです。改めて樹木の生命の凄さを思い知らされますね。もの言わぬ木々ですがこうして毎日、我々の目には見えぬ大気を浄化してくれています。家庭でも庭の木々の手入れなどで定期的に剪定作業を行うと木々が若返ったり、花を良くつけるようになる事は知られていますが、多くの二酸化炭素を元に木々が復活する事が改めて実証されました。度々話題になる中国の大気汚染なども、これを参考に植林に力を入れてくれれば少しは状況が改善するのでは?と思ったのは私だけでしょうか。ある程度大きくなった樹木は、幹を切り倒しても根っこを残しておけばすぐさま再生しますよね。

     そうそう、根っこと言えば都営の古いお墓などで、年数の経過による木の生長で根っこがお墓を持ち上げてしまっているシーンを見かけます。ご自分で植えたものであれば仕方ありませんが、周囲の木から伸びてきた根っこの場合、早目に管理事務所に申し出て切ってもらわないと大変な事になりますよ。もの凄く力持ちですので重いお墓であっても簡単に傾けてしまいます。石が割れてからでは費用もかかりますので、気になっている方は早目に対処した方が良いですよ。

     

     

     

     

     

    【AFP=時事】農業や牧畜のために伐採され、再生している最中の熱帯雨林は、急激に成長するだけでなく、古い森林よりもはるかに多くの二酸化炭素(CO2)を大気から吸収することが明らかになったとの研究が3日、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。

     熱帯雨林を中心とした植物は、人類が大気中に放出するCO2の30%近くを吸収している。これまでは、林業など産業の手がつけられていない原生林の熱帯雨林の方が、CO2をより多く吸収し、その結果として地球温暖化のペースを緩和することができると考えられてきたが、今回の研究は熱帯雨林の「再生」が、従来考えられていたよりも気候変動対策に大きな役割を果たすことを意味する。

     研究チームは、南米の45か所にある1500の森林の再生を分析した。論文の主著者で蘭ワーヘニンゲン大学(Wageningen University)のローレンス・ポーター(Lourens Poorter)教授は「使われなくなった牧草地や農地で再生する若い森林は、CO2を吸収する速度が驚くほど速い」と説明する。再生中の熱帯雨林は、わずか20年ほどで、古い森林と比べて単位面積当たり11倍のCO2を吸収できるようになっていた。

    ■森林が最も速く再生する場所は

     森林が最も速く成長するのは、降雨量が多く、年間を通して水が存在する地域だった。土壌の肥沃度や周囲の環境は、降雨量ほど重要ではなかった。

  • 食物連鎖・・・2016/02/07 at 5:17 PM

    yjimage

    マイクロビーズをご存知ですか?マイクロプラスチックとも言いますが、その名の通り直径が1ミリにも満たない極小の化学物質です。我々の生活の中では洗顔用スクラブや化粧品に多く含まれますが、合成繊維の洋服を洗濯した際に剥がれ落ちていたりもします。肉眼では全く見えない大きさなので、洗濯時にフィルターなどで回収する事もできず、そのまま下水を通して海へと流れています。この小さな物質が、今非常に危険であると言われています。

     マイクロビーズの素材はポリエチレンやポリプロピレン、ポリスチレン等であり、これらは海に流れ出た後に残留性有機汚染物質と呼ばれるダイオキシンやベンゼンなどの毒素の強い物質を高濃度に蓄積するというとんでもない性質を持っています。しかも天然素材の物と比較すると驚くほど劣化、分解するまでに時間がかかる為、長い間海中を漂います。そして大きさが動物性プランクトンと変わらないほど小さい為、これらを貝や魚が誤食します。消化できない人工素材ですから内臓に蓄積し、貝や魚が死ぬだけでなく、食物連鎖により更に大型の魚類などが捕食し、それらを人間が食べるという極めて危険なループがすでにじわじわと始まっているのです。調査によると現在世界中で排出され海中を漂っているマイクロビーズの量たるや、毎年年間約20トンずつ増えているそうです。目に見えないほど小さいものなのにこの量…

     昨年末、オバマ米大統領が『マイクロビーズ除去海域法』という法案に署名しアメリカでは法律が成立しました。アメリカでは2017年7月からスクラブ洗顔やせっけん、歯磨き粉に入っているツブツブ(マイクロビーズ)が製造禁止になり、その1年後の2018年6月には販売が全面禁止になります。アメリカの決定によって他の国々もこれに続くでしょう。日本でもすでに資生堂は2年前からマイクロビーズの使用を中止しています。近いうちに衣服などに使用されているマイクロファイバーも同様の措置が取られるはずです。魚介類を好んで食べる我々日本人にとって、目に見えない大きさの物質による脅威はすぐには自覚できません。ですがこのまま放置していれば確実に数年、数十年後に体を蝕まれる要因と成り得ます。防止するにはマイクロビーズの製造自体をストップするしか対策はありません。1日も早く全世界で製造、使用が中止される事を願うばかりです。

     

     

     

  • 本末転倒・・・2016/02/06 at 4:07 PM

    yjimage

    うさん臭いと思う事柄が『ほら、やっぱりね』となる事ってありますよね。ここの所連日、ラジオやTVでこれでもか!とばかりにCMを流している過払い金。いわゆる借金をした方が、法定利息以上の金利で返済していた場合に払い過ぎた利息分のお金を取り返せるものですが、ある大手司法書士事務所が日本司法書士連合会(日司蓮)の通達に従わずに、依頼者からこの過払い金返還手続きを高額な手数料で引き受けていたそうです。この通達には法的拘束力はないそうですが、日司蓮は『報酬額を適正化することで依頼者の利益の保護を図るとともに、司法書士に対する国民の信頼を確保する』とした指針の目的から大きく外れていると憤っています。そもそも借金で困っている方からの依頼であれば、なるべく多い金額を返すべきこそが『先生』と呼ばれる司法書士の仕事であるはずなのにこれでは本末転倒ですよね。

     この大手司法書士事務所は『指針は会員の執務を直接拘束する規範ではない。参考にするべきガイドラインではあっても、契約自由の原則のもと、各司法書士法人が独自の報酬体系を定め、指針とは異なる契約を締結することも許されると考える』などと文書で回答したそうですが、公に報道されてしまった今、今後ここに依頼する人は激減するでしょう。だって過払い金請求なのに戻ってきた分からピンハネされちゃうのでは誰も頼まないですよね!?

     

     

     

     

     

  • 様変わり・・・2016/02/05 at 5:33 PM

    yjimage

    地球温暖化が言われて久しいですが、今も着実に平均気温の上昇は続いています。ある程度抑制する事は可能でしょうが、このままだと40年後には日本の気温は平均で2度程度上昇するそうです。そして地方ではこれを見越してすでに農作物の種類を変えはじめています。例えば宮崎県では、主要果物であるミカンの代替え作物としてバニラの普及を急いでいるそうです。そう、あの甘い香りのお菓子には欠かせない香料の元ですね。日本ではまだほとんど国産のバニラは無く、ほぼ全量を輸入に頼っているのが現状だそうです。そこで今から育成のノウハウを身に付けておこう、という試みです。今後国内ではこの様に、新たな農作物が次々と普及していくでしょう。CO2を抑制して全地球的に温暖化を防ぐ事は大切ですが、逆手に取って状況に対応していく術もまた我々の知恵ではないでしょうか。

     将来、我々の子供達の世代に『あの時頑張ったんだけど、結局ダメでね』では済まされません。ダメなりに発想を変えてこうしてみた、という代案がなければ彼らは生きていけません。時代の変化にどう対応していくか、問われるのは様々な分野での柔軟な発想なんでしょうね。

     仏事の世界も今、大変革のまっただ中です。仏壇やお墓もどんどん変わっています。お坊さんもネットで依頼、ベールに包まれていたお布施の価格も誰もが一目でわかる時代になりました。この流れはもう止まらないし変わらないでしょう。だからこそ、皆さんが供養される大切な方の為に、何をどうしてあげたいのか。しっかり家族の意志を統一していかなければなりません。仏事ごとで悩んだら、まずは弊社宛にお気軽にご相談下さい。佐原霊園管理事務所として多くのお客様にご利用いただいた様々なケースをご紹介いたします。