• ホーム
  • 佐原霊園のご紹介
  • 納骨堂のご案内
  • その他霊園情報
  • 墓石販売・施工
  • ペット墓石・仏壇
  • 新着情報
  • 会社概要

スタッフブログ

  • 今の若い者…2018/09/10 at 12:39 PM

    DSC_9112

    一昔前は年輩の方が『今の若い者は…』と何かにつけて小言を言っていましたが、最近では日大アメフト問題、アマチュアボクシング問題、体操協会の夫婦と、今の若い者から逆に『ったくこれぞ老害だよな!』と言われているそうです。残念ですが事実だけに致し方ありません。今まさにこの国は世代交代のさなかなんでしょうね。団塊の世代が引っ張って来た日本ですが、そのご本人達が必死にやってきたやり方が通用しない時代になっています。愛のムチなんて今や死語で、訳すと=パワハラ、暴力となります。しかしはたから見るととても地位の高いポジションに長く居座っていた人ほど、いつの間にかそれが当たり前になってしまっている事に気が付かないのですね。これは日本だけに限らず先日のテニス、セリーナと大阪の試合もそうでした。年代的にはちょっとズレがありますが、審判に対する高圧的な発言で世界中に失態をさらしたセリーナ。出産後も36歳まで女王としてトップに君臨していたからこそ出た言葉でしょう。しかし一回り以上若い大阪がそれを優勝インタビューで見事にフォローした事で、世代交代が行われた事を世界中に知らしめる事となりました。

     

     ところで最近思うのですが、団塊の世代にも良いところはたくさんあって、例えば慣例や行事などには深く考えずに身銭を切ってきました。この業界で言えば法事や寺の行事ですよね。誰それの〇回忌法要が…と寺から案内が届けば日時を空けてそれなりの金額のお布施を用意し、集まる親戚の数によっては盛大な精進落としを振る舞います。例え裕福でなくても見栄を張りましたよね。ところが最近では、ついにそういった場面でも細かなチェックが入る様になりました。葬儀では住職無しのお経無し。家族葬または密葬でもちろん戒名も無し。まずは総額を聞いてから葬儀の内容を決め仏壇も位牌も買わない。お墓は散骨か納骨堂で。金銭的な事情のある方だけではなく、余裕のある方でもあえてそういう形式を指定してこられます。ネットの普及とともに誰でも情報を簡単に手に入れられるようになり、グレーだった仏事の金銭面があきらかにされた結果です。読経料や戒名料が高過ぎる、お経や戒名が無いと成仏できないなんて本当なの?と思った方があれこれ調べた結果でしょう。コンビニ、歯医者、お寺は今後過当競争の波に翻弄される事になりますね。

     

    佐原霊園では戸建てのお墓はもちろん、納骨堂『やすらぎ』や『手元供養セット』など、様々なスタイルでこれからの時代のご供養をお手伝いいたします。お墓のお引越し、墓じまいなど、困ったらまずはお気軽にご相談下さい。

     

  • 樹木葬…2018/08/30 at 12:48 PM

    image

    最近問い合わせが多いのが、そちらに樹木葬墓地はありますか?というもの。残念ながら佐原霊園には現状まだ樹木葬タイプはありません。

     今流行りの樹木葬は、日本では岩手の祥雲寺が始めたものです。あっという間に広がりましたが、一口に樹木葬と言っても実際のお骨の埋蔵方法については実に様々なタイプがあるのをご存知ですか?祥雲寺の形式はお骨は特にパウダー化せず山林内に散骨するものですが、パウダー化する為に粉骨したり、骨壺に収めたまま土中に収めるタイプなど様々なバリエーションが出てきました。都会ではスペースの問題もあり、土中に穴を掘りそこに骨壷を納めるが、期限がきたら引き上げて別の場所にある合葬墓に合祀するタイプが多くみられます。これなどは期限までは樹木の元でお参りできますが、期限が来たら別の場所で拝む訳です。また、お寺の場合はお檀家さんになるのかどうか、ならなくてもお施餓鬼やお彼岸などの行事に参加する必要があるのか。最も多いトラブルの原因である、万一亡くなった場合はそのお寺に葬儀を依頼(またはお経を)しなければいけないのか。戒名は必要なのか(必要であれば戒名料がかかります)事前にしっかり確認しておかないと、いざと言う時に大きな出費になります。お墓の事をネーミングだけで決めるのはちょっと無理がありますよね。

  • 連盟とか協会という言葉の魔術…2018/08/18 at 10:52 AM

    アマチュアボクシング連盟の某会長の件に続き、今度は全日本剣道連盟の居合道部門での金銭授受が暴露されましたね。もうこうなるとどんな団体でも何かしらの不正が行われているのでは?と疑ってかかる様になるでしょう。ある意味真面目に頑張っていた人達が損をする事態。特に日本人は、なぜか連盟とか協会などの言葉に敏感に反応します。お墓の世界でも同じで、いざお墓を建てるとなると資料請求した中でたくさんの団体に加盟している業者から選ぶ傾向が多い様に思います。団体に所属していれば万一の時に補償してくれるから?多少高くても何かあればすぐ対応してくれそう。そんな気がするのでしょうね。今回の件でそろそろそれらが単なる言葉の魔術である事に気が付くのではないでしょうか。どんなにネットが発達しても、やはり自分の目で見て確かめる事って大事ですよね。

  • 海へ還る…2018/08/13 at 1:36 PM

    1

    最近よく耳にする様になった海洋散骨ですが、パンフレットを差し上げると皆さん必ず『けっこうな金額するのね!』と言われます。でもその理由はこの本を読めば1発でわかります。金額だけではなく、法律的な見解やなぜ散骨が増えているのかなど、著者の村田さんだけでなく各界の専門家がわかりやすく説明してくれています。そして最後まで読めばその金額が決して高いとは思わなくなるでしょう。海洋散骨は現代の供養のスタイルのひとつです。だからこそ遺族の記憶にいつまでも残る素敵なお別れを演出できなければ意味がありません。ブルーオーシャンセレモニーがなぜ業界団体まで立ち上げ厳粛なガイドラインを取り決めたのか。海洋散骨は単なるビジネスではないからです。いつか私も海に…と思っている方がいれば、是非この本を読んでみて下さい。

     

     

  • さあ、お盆です!2018/08/12 at 12:42 PM

    image

    明日はお盆の入りですね。帰省中の方は実家で迎え火を焚くのでしょうか。この風習も最近ではなかなか目にする機会も少なくなりましたね。ちょっと寂しい気もしますが、少子化の現在では仕方ない事なのかもしれません。地方では若い働き手は都会に出てしまい、高齢者が墓守をするのが当たり前になりつつありますが、歳を取るとお墓の掃除や草むしりも重労働です。兄弟・親戚などが次々亡くなるとお墓も荒れ放題。止む無く無縁仏になる前に墓じまいを…となるのはご先祖様を放置するくらいなら手元で、または永代供養でと思う施主の想いの結果です。お子さん達になるべく金銭的な負担をかけずに、自分たちが元気なうちに、とお考えの方は是非この機会にご相談下さい。今の時代のお墓の形は様々です。佐原霊園は、あなたにあったこれからのお墓の形をご提案いたします。

     

     

  • お盆と施餓鬼…2018/08/04 at 2:59 PM

    .

    03_img03

    今日、明日と佐原霊園では正覚寺が施餓鬼法要を行っております。駐車場への出入りなど若干ご不便をおかけしておりますがご承知下さい。ところで施餓鬼法要って何?お盆とどう違うの?とよく聞かれますが皆さんご存知ですか。簡単に言えば施餓鬼法要は地獄に落ちた餓鬼に対しての供養であり、言わば全くの他人に対しての供養です。これに対してお盆は自分の縁者祖先を自宅へ迎え入れて行う供養です。従って施餓鬼供養は自宅ではなくお寺で行われる事がほとんどですが、お盆では住職が自宅へ来て仏壇の前でお経をあげてくれるケースが一般的です。どちらも供養する事に違いはありませんが、アカの他人にも年に1回くらいは施しを…という解釈は古き良き日本の特徴かもしれませんね。

     

     

     

  • 予定変更…2018/07/29 at 4:56 PM

    ひと昔前は、法事や納骨と言えば家族のみならず親戚も参加する為日程の調整が大変だったと思います。それが最近では、葬儀を密葬や家族葬で行い、納骨も住職無しでご家族だけで行う方が半数くらいになった為に、昨日の様な台風などによる日時の変更を意外に簡単に行える様になりました。強風大雨の中無理して行うのであれば、日時をずらした方がもちろん良い条件で行えますよね。今日もそんな方をお手伝いしてきました。お墓を建立する場合は最低でも1か月以上かかりますが、佐原霊園の納骨堂『やすらぎ』であれば火葬場から直接お越しいただいてのご納骨も可能です。ご家族皆さんの時間調整がなかなかつかなくて…1日で全て完了させたい…そんな方は、是非一度ご見学にお越し下さい。

    03_img03

  • 行きたくても…2018/07/26 at 2:57 PM

    DSC_9112

    他の石屋さんのブログで、メールのみで実際にお会いしないまま契約が成立するケースが出てきたと書かれていました。佐原霊園でも同様のケースはすでに何件かありますが、日を追うごとに増えている気がします。

     弊社が販売する『手元供養セット』https://store.shopping.yahoo.co.jp/temotokuyou/ については元々ヤフーショッピングに出展中ですので不思議ではありませんが、納骨堂『やすらぎ』の場合、やはり一度は見学してから…という方がほとんどです。しかし中には行きたくても体が不自由だったり、一人では動けない方も多々いらっしゃいます。そうした方は、ネットやカタログだけで申し込まれます。内容をご理解いただいていれば問題ありませんが、使用規則のご説明や住民票の内容など、不備があると2度3度とお手間をかける事になりかねません。ご不明な点はご遠慮なく事前にお問合せ下さい。

     

     

     

  • 横須賀市営公園墓地合葬墓募集について…2018/07/21 at 12:28 PM

    1

    横須賀市が本年度の合葬墓の募集を行います。詳細は横須賀市のHPからご確認下さい。

    http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4140/nagekomi/20180704gassoubonagekomi.html

    初回はPR不足もあって倍率が偏りましたが、今回はかなりの倍率になると思われます。募集期間が8月27日から9月14日と短いのでご注意ください。個人的な予想では生前の申込みが2年前より増えるのでは?と思いますがさて…お申し込みをご検討中の方は、是非佐原霊園の納骨堂『やすらぎ』と長所、短所を比較してみて下さい。市営という安心感は大きなポイントですが、意外と一長一短ありますよ。

     

     

     

  • 手元供養セット…2018/07/20 at 12:12 PM

    12点セット

    佐原霊園の納骨堂『やすらぎ』をご利用いただいた方にお話を聞くと、すでに約半数の方は葬儀の際に戒名をもらっていません。理由は大きく分けて2つあります。1つは生まれてから長く親しんだ名前への愛着。80歳で亡くなっていれば80年間その名で呼ばれたわけですから当然ですよね。もうひとつはやはり戒名代。なぜか立派な戒名を希望するとお布施の金額もぐっと高くなります。親切な葬儀社さんであれば、葬儀以降に何が必要かおおよそ説明してくれますが、位牌、仏壇とはなんぞやを説明しているところはまだまだすくないようです。従って弊社に来られる時にはすでに位牌と仏壇を購入済みの方がほとんどです。俗名で葬儀を行ったのになぜ位牌と仏壇が必要なのでしょうか。是非ご自身で一度しっかり調べてみて下さい。

     佐原霊園では俗名、無宗教の方におすすめの『手元供養セット』を展示販売中です。ヤフーショッピング

    https://store.shopping.yahoo.co.jp/temotokuyou/ にも出品しております。この価格でセットで揃いますので仏壇を購入する前に、是非一度ご覧下さい。

     

  • ご見学…2018/07/14 at 2:20 PM

    7月のこの時期になって手元供養セットや納骨堂『やすらぎ』についてのお問い合わせ、ご見学が増えて暑い中バタバタしております。広報を見た、とのお問い合わせも多いのですが世間はちょうど3連休。この機会に見に行ってみようと思われる方も多いかと思います。新盆の連休は8月ほどではありませんが、それでも通常の土日よりはお参りの方もひっきりなしにお越しになります。ご家族の事情でここでないと集まれないから…と納骨や法事を行う方も多くいらっしゃいます。明日は佐原霊園でも夕方16時からのご納骨もあるような状態です。ご見学にお出かけの際は是非事前にお電話にてお時間の調整をいただけますようよろしくお願いいたします。バッティングしてしまうと暑い中長い時間お待たせしてしまう可能性もございます。ご協力のほどよろしくお願いいたします。yjimage

  • 西日本豪雨…2018/07/09 at 11:16 AM

    yjimage

    今朝は通勤途中にもの凄い豪雨に出会いました。時間にすればほんの10分程度でしたが、車の屋根を雨が叩く音でしばらく何も聞こえないくらい…西日本ではこれが終日、いや数日続いたのかと思うとあの被害状況もわかりますね。今の時点で亡くなられた方が100名弱。行方不明の方が50名弱も…幼いお子さんが多く含まれているのがさらに辛いですが、助かった方の中でも住宅が天井まで水に浸かった家屋も1000棟を超すそうで、台風8号の影響を見ながらの復旧作業はしばらく時間がかかりそうです。気温も高いので、湿ったところから発生するカビを含めた細菌類がやっかいですね。作業の際は厚手の手袋やズボンでケガをしない様に防御する事を忘れずに行って下さい。何もできない事がもどかしいですが、1日も早い復旧をお祈りしております。

     

     

     

     

  • 1 / 2712345...1020...最後 »